誕生日割引

2017.03.22 (Wed)

 毎年、嫌でもやって来る誕生日、園芸店や美容院、海産物店などから「割引ハガキ」が

送られてきます。

その中の1店・園芸店に行ってきました。


記念品として選んだものは、、これ。

鉢

他に、ブリキのバケツや今風の鉢などがありましたけど、飽きの来ない地味系を。

何を植えるか、センスの無い私が選ぶ植物は~~、、なんでしょう。


     【エケベリア・緑牡丹】
緑牡丹



緑牡丹

2週間前から気になっていて、我が家の「ラベル紛失の子」を確認するためお持ち帰り。



     【クラッスラ・紅葉祭り】
紅葉祭り



紅葉祭り

この子も同じく「見比べるため」のお持ち帰り、これできちんと判明すれば…


もう1店舗、今週中に物色をします。

お店によっては「その日だけ」と言うところもあります。

せめて1週間の猶予をいただきたい、と思うのはわがままでしょうかね。





今週、いろいろ不明な子たちがいたりして悩みました。

おかげさまで、と言うのか、長年やってきてお付き合いさせていただいた方々のご教示

など、いただいております。

多肉全般に関して、コノフィツム、カランコエ、セダム系など、その方々の繋がりも

あって、たくさんのお師匠様たちが助け舟を出してくださいます。

時には沈没しそうになりますが、大きな浮き袋のおかげで沈むことなく続けております。


来年の誕生月にも、同じことを言ってるかも、ですね。


入荷したて…

2017.03.21 (Tue)

 グラプトベリア ぺタルム属

     【ルスビー】(銀天女)
     Graptopetalum rusbyi
ルスビー



ルスビー

検索してみると「グラプトペタルム」と「グラプトベリア」両方が出てきます。

葉の形から「ぺタルム」とは言い難い

と言ったのですが、「原種そのもの」だそうです。

見かけに寄らぬ、とはこのことでしょうか。

まだまだ学びが足りませぬ。



     【エケベリア・イリア】
イリア



イリア

昨年の大寒波で傷つき、かろうじて残った子が細々と生き延びています。

いつもの園芸店に立ち寄ったとき偶然入荷、お値段の割にかなり立派です。

当然お持ち帰りしました。



     【エケベリア・リラシ(キ)ナ】
リラシナ



リラシナ

昨年わが家から消えてしまいました。

その後なかなか手に入らずやっと、ガッチリした株ですがちょっと触ってしまいました。



     【セネキオ・マンドラリスカエ】
       Senecio mandraliscae
マンドラリスカエ   マンドラリスカエ

美空鉾に似たこの2鉢、葉は少し長めで万宝でも無さそうだし萎れて可哀想。

このまましてたらきっと廃棄処分される、そう考えて助け出してきました。(20日前)

萎れた葉は落ちましたが他は元気、新しい用土で植え替え完了。

ラベルが無く名前が??だったので、調べて「マンドラリスカエ」と判明しました。

検索してみると海外の画像が多数、あんな風に、こんな風にと夢が膨らんできました。


ミセバヤの花は・・・

2017.03.20 (Mon)

 ヒロテレフィウム属

     【ツガルミセバヤ】
ツガルミセバヤ



ツガルミセバヤ



  その2 
ツガルミセバヤ

このミセバヤ2鉢は、2年前本州の北・青の森からやってきました。

保険株として2鉢いただいたのですが今年花が咲くでしょうか。

斑入りだったはずなのに・・・、こぼれ種で増えるらしいけど、今のところ・・・



 セダム属

     【リトルミッシー】
リトルミッシー



リトルミッシー

葉縁のピンクが可愛い、のですが、7月~9月までの暑さに負けそう。

置き場所に気をつけたい子です。

昨年、腐らせたのでリベンジ。



     【コーカサスキリンソウ】
       Sedum spurium
コーカサスキリンソウ

こちらも同じく夏の暑さに負けてばかり、陰に置けば葉色が変わるし、我が地方では無理

なのかしらん。

増やしてみたい。


花が咲いた!

2017.03.18 (Sat)

 花が咲いた。

早すぎます。

展示会ではもう散ってるかも。


     【セダム・薄化粧】
薄化粧



薄化粧

数年前の展示会で出品した「薄化粧」。

あの時も満開でした。

来場されたお客様から「意外な品種」と言う印象を持っていただいたのを思い出します。

「多肉」と言うより、「草花的な印象」を持たれた方が多かったからです。

販売するときには必ず「一言ご注意」を。


「毎年挿し木更新を」と、申し上げてます。

そうしないとだんだん小さくなるから、今年の我が家がそうです。

葉の大きさがいつもの半分、2年ほど更新していません。

今年は花後の更新をしなくては、ますます小さくなる。


     【クラッスラ・清見の光】
清見の光

2階の窓辺に置いていたので「斑」はしっかり出ているのですが、色が…

気温が上がる季節、これ以上の色は出てくれないでしょう。

秋に期待します。


     【エケベリア・花筏?】
花筏

持ち帰ったときの葉はねずみ色、とても「花筏」とは思えませんでした。

数週間過ぎてこれほどの色つきになりましたが、エケベリア、と言うより

「グラプト?」。

もうしばらく観察すると「本来の姿」が見えてくるかもしれません。


挿し木苗

2017.03.12 (Sun)

 先週、ポチッ!ちゃいました苗、すべて「挿し木用」。

作日、単鉢に植え付け完了、気温も上がって来たし意外と早く根付きそう。


挿し木苗

以前、お取り寄せしたけどお★さまになった子が幾種かあります。

前回の失敗を糧に、上手く育てて花を咲かせる、意気込みだけは立派なんですが…



リトープス図鑑

この図鑑は「2001年発行」、ちょうどリトープスを育て始めたころに出されました。

写真もそうですが、内容もきちんと読んだ、そう思っていたけど飛ばし読みしてたので

「あれ?」、「こんなことって…」などなど、昨日から読み直してます。

分かってるつもりで分かって無かった、そんなことが多々あり。

産地が違うと性格もいろいろ、もう1度学び直すことにします。


困ります!

2017.03.10 (Fri)
 ラベルの挿し違い??

     【エケベリア・初 恋】
初恋



初恋

最近、園芸店で見つけました。

こうして我が家には4タイプの「初恋」がいます。

初心の方が持ち帰り、間違ったまま育て無いよう私が持ち帰りました。

育てていくうち姿がどのように変わるか見届けることにします。



     【クラッスラ・ムルチカバ】
ムルチカバ



ムルチカバ

この子のラベルには「カランコエ・パピラケア」の文字が、肉友が育てていたのですぐ

気がついたのですが、知らずにそのまま育てている方もいらっしゃいます。

困ったことですよね。



     【パキフィツム・ココ(京美人)】
ココ(京美人)



ココ(京美人)

わが家に来たとき「新立田」の文字が書いてありました。

記事を書いたときに先輩の方よりご教授いただき、正しい名前が判明。

教えていただき判明したから良かったものの、ず~~っと「新立田」で育てていたかも

しれません。



     【セデベリア・ブルージャイアント】
          Blue giant
ブルージャイアント



ブルージャイアント

ちょっと触りすぎたのかお化粧がまだらになってしまいました。

ラベルの文字は間違いありません。

こうして正しく書かれていると安心ですね。


??な名前

2017.03.06 (Mon)

 エケベリア属

     【初 恋】
初恋



初恋

最近よく見かける「初恋」、以前から居る「初恋」とは葉の姿形が大違い。

どなたかが「生産者がつけた名前は正しい」と言われたけど、どうなんでしょう。



     【セーニャトゥー】
セーニャトゥー



セーニャトゥー

こちらの名前も??がつきそう。

セーニャトゥー」と言うより『初恋』と言った方が良いような姿。

同じ生産者が2種も間違えてたとしたら、買い求めた方たちが多肉歴初心者でそれを信じ

たらどうなるんでしょうね。


生産者はプロ(と考えます)、間違がうことは無いと信じている方もいます。

ラベルには正しい名前を表記してほしい、と願いたい。


昨日の肉労は…

2017.03.06 (Mon)

 昨日はお天気も良く、風もあまりなかったので「肉労」が捗りました。

まずはカメラを持ち出し小さな庭のいろいろを。

012多肉棚   011多肉棚

軒下の多肉棚、最近、スズメが悪戯するのでブルーの網をかぶせています。

苗の周りに余裕があると嘴で突き、虫などの餌を探すみたいなのです。



ハオ棚   ハオ棚

日照不足になりそうな東北側、ハオたちの居場所、目配りがおろそかに。



ハウス棚   ハウス棚

日当たり良好のハウス南東側、時に日焼けする子が出現します。



ハウス棚

こちらなハウス南西側、窓には薄いカーテンを。



ハウス・ガラスケース

ハウス内のガラスケース、植え替えた小さな苗やお気に入りの苗など寒さに弱い子たちの

居場所。


私は「寄せ植え」をあまり好まないのでほとんどが単鉢・1種群生。

昨日植え替えたのは、、


     【コチレドン・紅覆輪】
紅覆輪



     【セネキオ・清涼刀】
清涼刀



     【カランコエ・黒兎耳】
黒兎耳

前回から5年は過ぎていたので根鉢はガチガチ!、少し緩めの鉢に植えたから暖かい

日差しを浴びてちょっとは成長してくれるかも。


多肉いろいろ…

2017.03.05 (Sun)

 撮り溜めた写真がいろいろ、属を超えて紹介せねば賞味期限ぎりぎりです。


     【アエオニウム・カシミアバイオレット】
カシミアバイオレット



カシミアバイオレット



     【アエオニウム・艶 姿】
艶姿



艶姿

この2種、部屋の中に居たからでしょうか目覚めが遅い!

やっとお目覚めです。



     【アエオニウム・黒法師】
黒法師

肉友んちより折れた枝を「チョウダイっ!」と、お持ち帰りしたものです。

この肉友んちのお肉ちゃん達、我が家と違いすべてが「デカッ」のしろもの。

気持ちの違いが反映されるのかも。


     【コチレドン・聖 塔(刀)】
聖塔(刀)



聖塔(刀)

何度目の冬を過ごしたのか、植え替えたのは何時だったのかさえ??

ブログを始める前から育てていたので画像がありませんが、10年前は…こちら

根詰まりのように見えますね。



     【ユーフォルビア・バリダ】
バリダ



バリダ

冬になると肌に焦げ茶色の線模様が浮かび上がってきます。

わが家に来てから10年は過ぎてるのに数年前気がつきました。

いかに「見てない」ってことが分かります。

少し窮屈そうですね。


 今日もいろいろ園芸作業、レンズを広角に変えて「狭いながらも楽しい庭」の様子を

撮ることに。

ひっちゃかめっちゃかの庭です。


これは「玉葉」だ!

2017.02.25 (Sat)

 セダム属

     【玉 葉】
    Sedum stahlii
玉葉



玉葉



玉葉



玉葉

やっと見つけた「玉葉」、先だっては「玉蓮」を「玉葉」と間違っていました。


玉蓮

こうして並べると一目瞭然ですね。

玉葉は艶があり短いけど産毛もあります。

貰ったときは2本だったのに、小さい苗も入れると4本に増えています。

折れたのを挿していたのかも知れません。

葉挿しで増えそうな感じもしますね。


back-to-top