原種と、

2017.05.17 (Wed)

私が最初に育てた「エケベリア属」は、ファイヤーリップ。

パソコンを持たないころからなのでかなりの年数。


     【エケベリア・ファイヤーリップ】
ファイヤーリップ



ファイヤーリップ・花



ファイヤーリップ・花



     【エケベリア・シャイアン】
シャイアン



シャイアン・花

 以前から「ちょっと変?」、と疑いを持ちながら育てて来た子。

花が咲いてますます「???」、まず「シャイアン」を検索すると「立田」、と同じと

するブログが多数。

以前育てていた子は⇒こちら、立田によく似た子ではある。

しかも斑入り、これも立田の特徴に近い。

やはり「シャイアン=立田?」なのでしょうか。


すると、シャイアンのラベルの付いたこの子はいったい??、花の形や色から「白ボタ

ン?」、とかありなの??


ふわふわな子たち

2017.04.09 (Sun)

 よく似た、間違いそうなふわふわっなお肉たち。


  その1
ふわふわその1



ふわふわその1

この子だけが不明種、も少し大きくなったら分かりそうな、そんな気がする。



     【ピロサ】
ピロサ

雰囲気独特なので一応正しい名前と信じとります。



     【Pulv-Oliver 】
   E. pulvinata x E. harmsii
ハムシ―



ハムシ―

こちらはハウスの中。



ハムシ―・戸外

一方、こちらは戸外育ち、大して変わらない雰囲気です。

が、甘晒し日晒しで幾分ガッチリ感があるでしょうか。


 明日は「展示会」の準備、明後日からいよいよ開催です。

わが家から国道走って2時間あまり、高速走ると睡魔が襲うのでできるだけ使わないよう

にしているんです。

料金もバカにならないし…

今夜は早めに ZZzzz・・・


復活が見えてきた!

2017.02.27 (Mon)

 きっとダメになる、そう考えながらも植え替えてみた子たち。

 エケベリア属

     【アルフレッドグラフ】
アルフレッドグラフ



アルフレッドグラフ

焦げ茶色の葉、古紫に似るけど葉縁が波打つので違いはすぐ分ります。

昨年の寒波でかなり傷みました。

ダメ元で植え替え、新しい葉が1枚出てきたときには嬉しかった―。

もう1鉢あったはずなんですが、見当たらない。



     【ビーカラ―】
ビーカラ―



ビーカラ―

この子も同じ、大きい葉が2枚だけ残っていました。

100%諦めたものです。

そ~~っと、触らずそのまま保管、半年過ぎたころ2枚の新しい葉が、そして今、5枚の

新しい葉が展開しています。

これで大丈夫、2年前と同じ姿になってくれそうです。



     【アモエナエ】
アモエナエ



アモエナエ

最近お持ち帰りの「小型エケ」、葉挿しが出来そう。

ず~っと考えて、やっと我が家へ。

今のエケブームは凄い、店舗によってはずらりと並んでいます。

そんな時、スルーすることが多々あり。


メラコ・いろいろ

2017.02.23 (Thu)

 エケベリア属

     【メラコ】
メラコ



メラコ

ご近所の園芸店で。



 その2
メラコ

少し離れたご近所さんで。



  その3
メラコ



メラコ

かなり離れた園芸店で。

3株とも色・姿さまざま、置き場所にもよるのでしょうが、1枚目の株は葉の形から違う。

これが数か月後どのように変化するのか、要チェック。


本日2度目の更新でした。


謎エケ

2017.01.27 (Fri)

 我が家の「謎エケ・2種」。


     【謎エケ・1】
謎エケ・1



謎エケ・1



     【謎エケ・2】
謎エケ・2



謎エケ・2

古い日記を読み返すのですが、思い当たる画像が見つかりません。

ただ、「謎エケ・1」はこれかなーと思える姿がこの子「ルイーズ」

置き場所の違いや根を緩めたことで多少違った姿に変わっています。

私の「希望」も加え、様子を見ることに…

「謎エケ・2」の方、ラベルは挿しているものの「植え替え日付」のみ、うっかり品種名

を書き忘れています。

交配種が増えてきた昨今、ラベルを無くすと困ったことになりますね。


 追記・ルイーズについて、昨年3月に日記を書いていました。⇒こちら

「謎エケ・1」と鉢は同じものですが姿は…

こうなったら、様子を見るしかありません。


エケベリアたち

2017.01.16 (Mon)

 エケベリア属

     【ルイーゼ】
ルイーゼ



ルイーゼ

昨年5月まで我が家に居たルイーゼ、どこを探しても見当たらないのです。

「これかな~?」と言う子はいるのですがラベル無し、やっと探したのでお持ち帰り。

現在我が家にいる子たちは「お気に入りのエケ」、古い子たちは10年以上栽培。


その中でも「クイテンシス コルンビアナ」は1番古いかな?

お嫁に出していたら乏しくなったので「居る子」を大事に、と、特別待遇してます。



     【大和錦】
大和錦



大和錦

この子も冷遇扱いでいつの間にやら・・・、あまり見かけなくなってるし、この子も

「特別待遇?」。



     【メラコ】
メラコ



メラコ

この子も「リベンジ組」、以前居たはずなのに「記録無し」、ブログにも書いていなかっ

たとは…、冷遇・その2?


こうして我が家のエケたち小型~中型まで、「それ程の数では無い」と考えてたけど、

結構居るもんですね。


 本日2度目の更新でした。


新入りちゃん達、、

2017.01.15 (Sun)

 時々お邪魔する肉友さんちのハウス、お天気の良い先日行ってきました。

ハウス内をうろうろ、小型エケさんをお持ち帰り。

中型~大型は交配種が多くてスルーしちゃいました。


 エケベリア属

     【グスト(森の妖精)】
グスト



グスト



グスト

ハウスを徘徊してて「立派なグスト」が目に付きましたです。

わが家のグスト、盆栽風に仕立てたのは良いけど茎に小さな葉がほんの少しだけ。

比べ物になりません。

育て方が失敗の巻、用土に「腐植系が超不足」、その上水辛目なので当然かも。



     【ヌ ダ】
  和名・セデベリア・ローリー
セデベリア・ローリー



セデベリア・ローリー



セデベリア・ローリー

 「ヌダ」とは韓国での名前、和名(と言えるかどうかは??)はセデベリア・

ローリー


昔と違いこの頃は他国のお肉が「逆輸入」のように蔓延、これも時代の流れなんでしょう

かねー。


 私が趣味に没頭したのは子育てが終わったころから、それまでは生活するのに一生懸命

でした。

時間もそうですが経済的にしんどかった!

今の「母さまたち」は羨ましい。


今年もよろしく。

2017.01.06 (Fri)

 明けましておめでとうございます。

今年も昨年同様、よろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。


昨年末、ちょっとした怪我をしたのですが、「ちょっとした」では済まない状態。

カメラを持つのも難儀なことで、三脚を使ってやっと撮ることができました。

病気をしたり(3年前)、骨折したり(2年前)、昨年は「何事も無く」と気をつけて

いたのですが、年末近くにとんだ「ドジ」をやってしまいました。

あとは「時間が薬」なので無理せず完治を目指すことにします。

「更新無いぞ~!」とご心配いただいた方、感謝いたします。

昨日からボチボチと肉作業を始めました。

「ボチボチ・ノロノロ」なので歯がゆいのですが、がんばります。


 エケベリア属

     【マッコス】
マッコス



マッコス

この子は新入りちゃん、店内は暖房が利いているので害虫もちらほら。

持ち帰り消毒はしっかりと、わが家は吹き晒しで寒いから大丈夫と思われるのだが、

念のための消毒。



     【メビナ】
メビナ



メビナ

メビナの群生株、蒸れて腐り始めたので消毒して植え替えてみました。

何とか復活、鉢増しして以前のような「大株」ができると良いなー。



     【恋 情】
恋情



恋情

昨年の4月に株分けしたのですが、また同じように双頭となってしまいました。

こういう性格なのでしょうか。

前回のもう1株はお嫁に行ってますのでどうなってるか尋ねてることにしよう。


表現難しぃ~~!

2016.12.05 (Mon)

 どんな表現すればぴったり!、なのか、「産毛びっしり」とか「ホワッホワ」とか、

それは「人それぞれ」なんでしょうかね。


 エケベリア属

     【錦晃星】
錦晃星



錦晃星



錦晃星

こちらは日光不足、葉の緑色が濃いい、、それでも葉縁の色付きはまあまあかな??



  その2
錦晃星



錦晃星

こちらはしっかり日が当たり、見事に紅葉してくれました。

オレンジ色の花が咲くと最高です。

固い蕾はいつごろ開くんだろうか、ずいぶん先のような気がする。



     【ハムシ―】
ハムシ―



ハムシ―



  その2
ハムシ―



ハムシ―

 この2株、自由奔放に育ててきた結果伸びた茎のいたるところから芽を吹き、少々暴れ

すぎ。

でも、その姿が盆栽風で面白くなって和風の雰囲気を醸し出してきました。

器を替えてみよう。


エケベリア・復活2種

2016.06.05 (Sun)

 今年1月の「想定外大寒波」で被害を受けた2種のエケベリア、「デスメチアナ」と

「パウダーブルーと思われる子」、ダメ元でカット挿し木、今、上手く根付いてようで

元気が出てきました。


     【デスメチアナ】
デスメチアナ



デスメチアナ

昨年の8月、挿し木更新した株も順調に育っていたのに、まさか!、の大失敗でした。

そして、元気な部分をカットして挿し木、かなり小さくなったけど元気な姿に変わって

くれました。

以前のような大きさになるまで、一苦労です。



     【パウダーブルー??】
不明種



不明種

こちらも 挿し木の子、外葉がかなり傷んでいますが元気はあります。

しかし、ラベル不明で品種が判りません。

もう少し本来の姿が見えてくるとそれも判明するはず。

古い日記を辿りながら探すのも、また楽し!、でしょうか。


back-to-top