FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのエケベリア

2019.03.27 (Wed)

 エケベリア属

       【ブラックプリンセス】
         (くろすけ)
134ブラックプリンセスくろすけ


136ブラックプリンセス

種名・流通名・別名、まだ詳細が分からない時、ダブってお持ち帰りしたこともあります。

葉の形などよく見れば分かるんですけどね。


       【レディシア】
138レディシア


139レディシア

紅葉の赤がひときわ目立つ、そんなお肉ちゃん。

しかし、枝分かれすると1株が小さくなりすぎて、

149レディシア

ね、ちっちゃいでしょ?

で、思わずお持ち帰りしたわけですよ。


       【ファイヤーリップ】
146ファイヤーリップ


147ファイヤーリップ

私が多肉植物を育て始め、最初に花を咲かせてくれたのがこの子でした。

そりゃー初めてだったので嬉しかったことを今でも覚えています。

あの頃は「多肉植物」そのものが園芸店に並んでいませんでした。

あちらこちら、良く行ったものです。

今は通販などを利用できれるので便利で良いですね。

これほど流行るとは、「柳生慎吾さま」思ってらっしゃったでしょうか。

何度かご一緒させていただき、記念写真も気安く撮らせていただいて宝物になっています。


「最近のエケベリア事情」すごいことになってきた!、そんな気がします。


スポンサーサイト

エケベリア系?

2019.02.25 (Mon)

 エケベリアらしからぬお肉2種、初めて見たとき「センペル?」、と思ってしまった子。

だってね、あちこちから子株がニョキニョキ、尋ねてみたら「エケベリアです。」とのお答えが。

       【ロスラリア・アトミー】
アトミー


アトミー


アトミー

しかし、数か月後にお尋ねしたら「ロスラリア」に変わってました。

けど、エケベリア、でも通じるようですね。
 

       【エケベリア・エレガンスブルー】
エレガンスブルー


エレガンスブルー

こちらも姿としては「パキフィツム」っぽい。

と、言う事は、、パキべリア?、な~んて言ったりして。

良く調べてみることにします。

最近、4~5年前に作出されたお肉たちは情報が少なく、時には「訳わからん」ことになってます。

そんな思いをしてるのは私だけ、、かな?


      【グラプトべリア・ティテュバンス】
ティテュバンス


ティテュバンス

意外とお気に入りの部類、「群生を目指して!」と育てていたのですが、茎立ちしちゃいまして予想に反する

姿です。

今は「これもこれなりに良いかな~!」、です。

それとも仕立て直しをするか悩むところです。



わが家のエケたち

2017.11.01 (Wed)

 エケベリア属

     【クロマ】
エケ・クロマ



エケ・クロマ

記事を読み直していると「メラコ」と表示された時があります。

これはおそらく「ラベルの挿し違い」、つまり販売店の大失敗であろうと思われるもの。

ここ数年、このような「とんでもない間違い」が横行、多肉ブームも考え物。

出荷業者のラベルが「100%正しい」とは・・・??



     【銀武源】
エケ・銀武源



エケ・銀武源

上手く群生してくれてます。

鉢増ししててんこ盛りの姿にしてみたい。

蒸れ、がちょっと怖いけどそれなりに育てたら豪華に見えるはず。



     【アイボリー】
083エケ



084エケ

かなり以前から居る子ですが「記録」が残っていません。

もう少し「渋い色」だった気が…

細目に記録しないと「あれ~??」と不明になってしまいます。

気をつけよう。


斑入り?

2017.10.18 (Wed)

 エケベリア属

     【クロマ】
      chroma
014クロマ



015クロマ

今年の3月末頃、ご近所の園芸店よりお持ち帰り。

その時も「」はちゃーんと見えてました。

いつかは消えるだろうな、そう思っていたのですが、ほらね!、「斑入り」と言うことが

お分かりいただけるでしょ?



 しかも、、
 
017クロマ

花茎についた葉にも「斑」が出ています。

「異常」なのか、突然変異なのかは不明ですが、とりあえず今は「斑入り」。

もうしばらく観察することにします。

まずは、枯らさないようにしなければ。


忘れた、、更新!

2017.07.08 (Sat)

 ご訪問いただいてるみなさま、更新のさぼり癖がついてしまいました。


空模様の余りの変化、暑い日が続くと思えば台風に続いていきなりの豪雨、九州福岡・

大分では想定外の被害が出ています。

ニュースを見てると心が痛みます。

被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

わが家の親せき3軒、浸水は逃れたようですが畑などがめちゃめちゃだそうです。

この季節で復旧作業は大変でしょうが、応援の方々の力をお借りして少しでも早く

元の生活を取り戻されることを願っております。


 エケベリア属

     【ビロード茜】
ビロード茜



ビロード茜

前回記事にしたのは1ヵ月前、かなり成長しています。

短かった脇枝も伸びて、もう1本も負けず劣らず伸びようとしています。

これで水分過多になった場合、どれだけ伸びるんでしょうかね。


* 「F女史」、、来週の例会には必ず持って参加します。

見比べてくださいませ、、よろしく。



     【クロマ】
クロマ



クロマ

これは前回「斑入り」として紹介したのですが、消えたのか葉焼けしすぎて不鮮明に

なったのか、??です。

しばらく様子を見ることにします。



     【ロスラリア】
      Rosularia
ロスラリア



ロスラリア



     【cv デレン オリバー】
       cv Deren oriver
cv デレン オリバー



cv デレン オリバー

 下の2種は先月お持ち帰りしたのですが、今にもシワシワで枯れれそうな感じだったのに、

植え替え、午後は日陰になる場所で様子を見てたら元気になってくれました。

一応、一安心です。


大型エケたち(私にとっては)

2017.06.15 (Thu)

 エケベリア属

     【魅惑の宵】
魅惑の宵



魅惑の宵

寒い季節にちょっと保護したら、「あんただれ?」に変身しちゃいました。

もっと健康的な姿になってちょうだいよ。

1年前の姿は、、

2016 5 6

ね、全然違う、別物でしょ??

日に当てすぎると焦げちゃうし、困ったもんです。



     【Victer Reiter】
Victer Reiter



Victer Reiter

適度の日照、と思っていたけど、多少焦げ気味。

これからの季節遮光は必要ですが、思案中。



     【アガボイデス】
アガボイデス



アガボイデス

葉の出方が歪になってかなり変、隔離管理中、以前のような素直な姿になってくれること

を期待して…


ビロード茜

2017.06.14 (Wed)

 1週間のご無沙汰でした。

野草を追っかけると日1日姿が変わるのでついつい・・・

でも、今日はカメラを出してちょっとだけ頑張りました。


 エケベリア属

     【ビロード茜】
ビロード茜



ビロード茜



ビロード茜

おそらく6年くらい前にやって来たお肉ちゃん、一応ラベルには「ビロード茜」と書いて

あるのですが、古い肉友さんより「茜牡丹では?」の突っ込みが。

調べても何だかあやふやではっきりしません。

今の姿は「ガッチリしっかり」したものです。

が、昨年の「想定外大寒波」のとき、多分枯れるだろう、と判断。

諦め半分で植え替え、復活したら儲けもの、そんな思いで育ててきたのですが、この姿

「想定外・もうけもの」に変わってくれました。。



     【葉を拡大】
ビロード茜

葉を拡大しました。

ビロード、と言うより「ザラメ」でしょうか、古紫のような艶はありません。

鉢増ししたらどんな風貌に変わるのか、植え替えてみます。


*追記・・・古い図鑑を眺めていたら「茜牡丹・atropurpurea」と言う名の「エケベリ

ア」が載っています。

多少の色違いはありますが「葉の形」などは同じようだし、古い肉友さんの言うように

名前がいろいろ、あるのかも。

ですが、我がブログでは「ビロード茜」で通します。


原種と、

2017.05.17 (Wed)

私が最初に育てた「エケベリア属」は、ファイヤーリップ。

パソコンを持たないころからなのでかなりの年数。


     【エケベリア・ファイヤーリップ】
ファイヤーリップ



ファイヤーリップ・花



ファイヤーリップ・花



     【エケベリア・シャイアン】
シャイアン



シャイアン・花

 以前から「ちょっと変?」、と疑いを持ちながら育てて来た子。

花が咲いてますます「???」、まず「シャイアン」を検索すると「立田」、と同じと

するブログが多数。

以前育てていた子は⇒こちら、立田によく似た子ではある。

しかも斑入り、これも立田の特徴に近い。

やはり「シャイアン=立田?」なのでしょうか。


すると、シャイアンのラベルの付いたこの子はいったい??、花の形や色から「白ボタ

ン?」、とかありなの??


ふわふわな子たち

2017.04.09 (Sun)

 よく似た、間違いそうなふわふわっなお肉たち。


  その1
ふわふわその1



ふわふわその1

この子だけが不明種、も少し大きくなったら分かりそうな、そんな気がする。



     【ピロサ】
ピロサ

雰囲気独特なので一応正しい名前と信じとります。



     【Pulv-Oliver 】
   E. pulvinata x E. harmsii
ハムシ―



ハムシ―

こちらはハウスの中。



ハムシ―・戸外

一方、こちらは戸外育ち、大して変わらない雰囲気です。

が、甘晒し日晒しで幾分ガッチリ感があるでしょうか。


 明日は「展示会」の準備、明後日からいよいよ開催です。

わが家から国道走って2時間あまり、高速走ると睡魔が襲うのでできるだけ使わないよう

にしているんです。

料金もバカにならないし…

今夜は早めに ZZzzz・・・


復活が見えてきた!

2017.02.27 (Mon)

 きっとダメになる、そう考えながらも植え替えてみた子たち。

 エケベリア属

     【アルフレッドグラフ】
アルフレッドグラフ



アルフレッドグラフ

焦げ茶色の葉、古紫に似るけど葉縁が波打つので違いはすぐ分ります。

昨年の寒波でかなり傷みました。

ダメ元で植え替え、新しい葉が1枚出てきたときには嬉しかった―。

もう1鉢あったはずなんですが、見当たらない。



     【ビーカラ―】
ビーカラ―



ビーカラ―

この子も同じ、大きい葉が2枚だけ残っていました。

100%諦めたものです。

そ~~っと、触らずそのまま保管、半年過ぎたころ2枚の新しい葉が、そして今、5枚の

新しい葉が展開しています。

これで大丈夫、2年前と同じ姿になってくれそうです。



     【アモエナエ】
アモエナエ



アモエナエ

最近お持ち帰りの「小型エケ」、葉挿しが出来そう。

ず~っと考えて、やっと我が家へ。

今のエケブームは凄い、店舗によってはずらりと並んでいます。

そんな時、スルーすることが多々あり。


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。