スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万物想

2015.12.08 (Tue)

     【チレコドン・万物想】
万物想


 万物想、2年前の展示会で譲っていただいた子、⇒こちら

 昨年・今年は花芽すら見えず、来春は咲きそうな勢い、冬の気温管理が大切。

室内管理、日当たりのいい場所へ移動し水管理を丁寧にすれば期待が持てそう。

スポンサーサイト

今日の1枚

2015.09.26 (Sat)

 昨日から「あれやこれや」と多忙にしております。

明日はまた秋吉台へ。

ちらっと撮ったお肉ちゃん・【万物想】でかなりの手抜き更新に。

万物想

9月になって葉の展開が始まりました。

今年は温度管理をきちんとして「目立たない花」を咲かせることにします。

咲くかしらん。


 明日は「真面目更新」しますね。


明けましておめでとうございます

2015.01.03 (Sat)

 今年もよろしくお付き合いくださいますよう、お願い申し上げます。

(舌をかみそうなあいさつです)

 昨夜、次男は住み慣れた町へ戻り、いつもの静かなわが家でございます。

毎年のことながら「腑抜け」になる数日です。

長男家族が帰省しなかったので助かりました。

二人が同時に帰省したら、「給食係のおばさん」になって孤軍奮闘。

気持ちは「腑抜け」、財布はすっからかん、あとの始末が大変でございます。


 本日、やっと防湿庫からカメラを出してハウス内外をうろうろしまくり。


 チレコドン属

     【万物想】
万物想



万物想

 2年前の展示会にて競り落とした株、15年前に育てていた子は水遣りのまずさで腐らせてしまったのです。

その失敗を糧にそれなりの栽培法を学習でき、がっちりしたものに育ってきました。

もう1種「チレコドン」を育てているのですが、怖くて植え替えさえできません。



何とか生き延びてる…

2014.03.12 (Wed)
 チレコドン属

     【ペアルソニー】
ペアルソニー



ペアルソニー

今年も「一枝」のみ、触るのが怖くて植え替えしてません。

我が家に来たとき(2005年)もっと立派な姿をしてたのですが、育て方を間違ったのかだんだん貧粗に。

傷みを処理して植え替え、以後、成長せず、枯れもぜず、この姿が続いております。

せめて、枝の数が増えてくれたら…


万物想

2013.11.27 (Wed)

 チレコドン属

     【万物想】
万物想



万物想

 今年の「展示会」で最終日のオークションで手に入れた"ブツ"

 花が咲き、夏が来て、その暑すぎる夏が過ぎ、どうなるかと心配したけど、目が覚めて葉を出し始めました。

これで、ひとまず安心!


万物想

2013.06.22 (Sat)

 チレコドン属

万物想・胴体

胴体はいかつい姿なのに、



万物想・花



万物想・花

花は小さくて可愛い。

4月の展示会で譲っていただいた株、大きさに比べ太っ腹の格安。

この大きさで何年経っているんでしょうか。

以前持っていたものはこの半分にも満たない小さな株でした。

その株も、数年後には水やりの失敗から腐らせてしまったのでした。

休眠後の水やりで失敗する種類はいろいろあります。

気をつけたいですね。


チレコドン属

2013.01.26 (Sat)
     【ペアルソニー】

チレコドン



チレコドン



チレコドン

小さな苗をいただいてから、、もうすぐ8年になります。

以前に書いた記事は→ こちらこちら

だんだん小さくなって、いつかは枯れ木になるんじゃーなかろうかとドキドキしとります。

そんなことを知ってかどうか、毎年一枝だけ葉を見せてくれるんです。

どうしたら、我が家へ来た時の姿になれるんやろか。

触るのが恐ろしゅうて、腫物を触る気持ちです。


チレコドン・ペアルソニー

2007.09.25 (Tue)
 チレコドン属

       【チレコドン・ペアルソニー】
ペアルソニー

2年半前我が家に来た時は、もう少しりっぱな苗でした。
1年後、腐り始めたので根の処理をして植え替え、昨年の今頃新芽を出して生き返ってくれました。
今年も新芽を出してくれたのですが、大きくはなっていません。
「チレコドン」そのものが成長緩やかなので、こんなものなんでしょう。
花を咲かせるまで、後どのくらい?


万物想

2006.12.07 (Thu)
 チレコドン・万物想
夏休眠、秋涼しくなると葉が出始めます。

     【万物想】
万物想

マニア向きの種類でしょうか。
7年前、親しくしている「販売業者」にの方に、「変わった多肉」と勧められて連れ帰りました。
ところが、どう育てていのか、手持ちの参考書に詳しく載っていません。
とりあえず、冬型だけは分かりましたので、恐る恐る育てました。

植え替えは、昨年初めてしました。
根が回り、窮屈だったことが分かります。
花はいつ咲くのか見当もつきませんでしたが、「これって花?」と気がついたときは枯れ枝に。
今年も同じです。

     【万物想の花」
万物想・花

写真撮るとき気がつかなかったのに、PCに取り込んで初めて「花」であることが分かりました。
たぶん、開花も終わりでしょう。
この花枝も、落葉したあとの「飾り」として残しておきます。
結構渋さがあって、いいものです。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。