スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼けした臥牛の葉ッ!

2014.08.26 (Tue)
 ガステリア属

     【臥 牛】
臥牛



臥牛

1?年もほったらかされてぎゅうぎゅう詰めになってた臥牛、解体して単独に植えたのが2か月前、

気持ちよさそうにしてると思えば、葉焼けしてる。

今更どうしようもないし、新葉が出るのを待つしかない。

ちょっと日当たり良く、が失敗。



臥牛



臥牛

こちらは明るい日陰、焼けては無いが成長が…遅い!

日当たり加減が難しいなー。

ハオちゃんたちは日陰組なので葉焼けの心配がない代わり、葉の付け根にカイガラムシ。

要チェックは外せないです。

スポンサーサイト

6年ぶりの登場・ガステリア

2014.06.27 (Fri)

 ガステリア属

     【臥 牛・1】
臥牛・1



臥牛・1



     【臥 牛・2】
臥牛・2



臥牛・2



臥牛・2

どちらも10年以上も前にやってきました。

その時植えたままの「ポットや鉢」、成長の遅い「ガステリア」だから良いものを、あまりにも放置しすぎ!

なぜ今、多肉の師匠・ワニさんちの掲示板で話題になってたのを見て、我が家にもいるぞ、と確認。

記事にするのは6年ぶり、いや~、これまで良く頑張ってくれてた、と頭が下がります。

せめて「黒プラ鉢」に植え替え、ハウス内の棚に鎮座してもらいましょう。


ガステリア

2008.02.12 (Tue)
 ガステリア属

       【美鈴の富士】
美鈴の富士    美鈴の富士


       【墨 鉾】
墨鉾


       【ガステリア・不明種】
不明種


不明種    不明種

上と下の株は別物です。 随分前から我が家にいます。
おそらく、「変わった多肉」と言うことで、どこからか持ち帰ったのかも。
定かではありません。

       【???】
不明種    不明種

こちらも同じくです。
成長もしなければ花も咲かない、なので「放置組・なんばーわん」でしょうか。


名前が分からん!

2007.12.13 (Thu)
 ガステリア属


       【不明種・2点】
ガステリア1

   
ガステリア2    ガステリア2

どちらもサボ仲間の「預かりもの」
お元気になられ、いずれ戻せる日が来るのやら??ですが、それまでは「意を決して」お預かりしていくのです。

2ヵ月間の放置?から開放され、植え替え、水分補給後元気になりました。
これを維持しながら、退院されるのを待つことにします。


ガステリアもろもろ。

2007.12.10 (Mon)
 ガステリア属

ちょっと、地味~な殿方好みのガステリア、なぜかいろいろ居座っています。

       【墨 鉾と美鈴の富士】
墨鉾    美鈴の富士


       【タイガーと昌武殿】
タイガー    昌武殿

頂き物や、葉模様に引かれて購入したものまで、少しづつ紹介していきます。

品種によって、日当たり良く育てれば葉焼けするし、日影に置けば葉が広がって見た目が悪いしで、なかなかの「へそ曲がり」です。
「墨染」、もう1鉢は、葉が150度展開しています。
側のアロエに邪魔されてました。
少しづつ陽に当てて、せめて、90度くらいにはしてあげたいですね。


墨鉾

2007.07.13 (Fri)
ガステリア属

       【墨 鉾】
墨鉾

何も分からぬまま手にしたのが、3年半前。
図鑑とは、形がかなり違います。
日に当てると葉焼けを起こすし、影に置けば、このように葉を広げるしで未だに試行錯誤の栽培です。
図鑑のような「がっちりかっこいい墨鉾」になるには、まだまだ修行が足りません。


美鈴の富士

2007.07.10 (Tue)
 ガステリア属

       【美鈴の富士】
美鈴の富士

濃緑色はと白い縞斑のコントラストが鮮やかです。
斑を綺麗に出すにはどうすればいいのか、只今、試行錯誤。

日照などに関係あるかもしれないので棚上に置いてますが、あまりの強さに葉焼けを起こすことがあります。
駆け引きが難しく、まだまだ学び中です。


マニアック

2006.09.22 (Fri)
      【ガステリア】
ガステリア

このガステリアは、いただき物で品種名が不明です。
涼しくなると生育をはじめ、水遣りしてもさほど心配することもなくなります。
置き場所は、明るい日陰。
自生しているところは、草陰や木の陰、あまり日の当たらない場所です。
日当たりよく育てると葉焼けを起こし、さび色に変化します。

      【ハオルチア・冬の星座】
1.22のようす

我が家に来た時は。高さ、直径共に5㎝、白の斑点もあまり目立っていませんでした。
現在、高さ8㎝、直径7㎝、元気に育っています。
置き場所や育て方は、ガステリアと同じ。

消えかかった多肉

2006.07.01 (Sat)
 1年半前、根元が傷んだ「ガステリア」をいただきました。
いただいたと言うより、「助けてあげて」の方が正しいかも。
時間が過ぎて、
ガステリア

これほどに育ってくれました。

日焼けのため薄茶色の肌をしていたが、今は、美肌のグリーン。
つやもあるし、張りも出てきました。
まずはよかった。

こちらは、焼けすぎて「茶色」になっていました。
ガステリア

かなりの回復ですが、今も完全ではありません。
外葉に少し残っています。

あと少しで、きれいなグリーンにかわることでしょう。

この、2種類は日陰に置き、高温多湿を嫌うので風通しのいい場所へ。
怠ると、下葉から溶けて来ます。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。