スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドロミスクス・2

2015.09.17 (Thu)

 アドロミスクス属

     【スフェノフィリス】(特選カール葉)
スフェノフィリス



スフェノフィリス

「ゼイヘリイ」の仲間のような姿をしてますが、葉縁がうねって(カール)います。

しかも、水不足で「ペラッペラ」、落ちた葉から根が出て小さな新芽が。



     【spエスコップ エスカップ】
spエスカップ

初めて紹介するアドロ、ずいぶん前から我が家にいるのにです。

しかも、ラベルに書かれていた名前があやしい、検索してヒットするのは一字違いの

「エスカップ」。

これからは正しい「名前」で表示できます。(遅すぎだよ!)



     【ヘレイ・ドラゴンボール】
ヘレイ・ドラゴンボール

大きな葉がポロポロ落ちて裸同然になっていたのがここまで回復。

丸い葉はまだ小さいけど、以前のような「でかい葉」になってくれるよう、目配り

忘れ無いようにしなければ。

これはこれで可愛いんですけどね。



     【ゼイヘリイ】
ゼイヘリイ



ゼイヘリイ



     【spエスコッスヌーダム】
エスコッス f ヌーダム

小型のアドロ、よく似た産毛系がいたはずなんだけど置き場所が違うのか姿が見えず。

ゼイヘリイのような「大型?」もいいけど、小さな葉が密集する小型もいいですね。

産毛系を探してみよう。

スポンサーサイト

アドロの花

2015.09.16 (Wed)

 アドロミスクス属

     【神想曲】
神想曲



神想曲

小さな苗でわが家へ来てから10年以上、下葉が取れる度に株が増える、それくらい葉

挿しは簡単。

茎には気根が髭もじゃのようにまとわりついています。

この「気根」が1つのポイントかもしれないですね。



     【雪御所】
    A leucophyllus
雪御所



雪御所

日当たり良く育てると真っ白に、その代り、扱いに気をつけなければ白粉が剥げて

しまいます。

左に鎮座してるのは、多分星美人、なぜこんなところにいるのか、摩訶不思議。



     【トリギナス】
トリギナス

昨年、瀕死の状態で諦めていたのです。

茎はガッチリしてたけど落ちた葉が5枚、どうなることかヒヤヒヤしながら見守っていた

ら、4枚の葉は枯れてがっちりした茎から元気な葉が「モリモリと」。

いや~、完全復活です。



     【クーペリー】
クーペリー

「御所錦」と思っていたのですが、どうも違う。

クーペリーにもいろいろあるようですが、詳細不明なので「クーペリー」とだけ。。



     【マルロチアイ】
マルロチアイ

うかつに触ると丸い葉っぱが良く落ちます。

植え替えや鉢の移動にも気を使い、落ちた葉はあいた所に置くのですがこの子だけダメ。

他のアドロは超簡単なのに・・・


雪御所

2015.03.06 (Fri)

 アドロミスクス属

     【雪御所】
 Adromischus leucophyllus
雪御所



雪御所

水が好きな種と言うことが判り他の子たちより多めに施していたら、ご覧のとおり…

何事もほどほどに、ですね。



雪御所

葉が落ちたのでそのままにしてたら、芽吹いています。

1人前になるまで、気の遠くなる時間が必要。



雪御所

アドロのなかでは珍しい「白粉をつけた子」です。

我が家に来たとき、小さな株でした。おそらく、植え替えていません。(用土が違う)

サボ仲間に譲っていただいたのが、多分、10年以上も前?、白い小さな株が鉢の隅っこ

に「ちょこん」と植えられて、他のアドロと違い育て方も分からず、腫れ物を触るように

扱っていたのを思い出します。

今までの育て方は、とにかく「見てるだけ」でした。

枝も増えて姿も少しは良くなってます、そろそろ植え替えてあげたいです。


 古い記事を確認したら、2008年2月に書いておりました。

その時の画像は、、

2008年2月

左側に1枚の葉が見えます、これが「葉挿し」と思われます。

だとしたら、なんと気の遠くなる時間ですね。


アドロの茎はヒゲモジャモジャ!

2014.11.12 (Wed)

 アドロミスクス属

     【神想曲】
神想曲



神想曲



 その②
神想曲・2



神想曲・2



 その③
神想曲・3



神想曲・3

育てるうちに葉が落ちて、その茎は気根に囲まれ「ヒゲモジャモジャ」状態。

10年過ぎたものが多くてかなりの年代物。

1番古いものは今年の展示会でお嫁に行っちゃいました。⇒これ

寒さ暑さに強く、育てやすい優れものです。


ゼイヘリイ

2014.07.20 (Sun)

 アドロミスクス属

     【ゼイヘリイ】
ゼイヘリイ



ゼイヘリイ



ゼイヘリイ



ゼイヘリイ

アドロミスクス属にして、真っ白な花、はこの1種。(我が家に関してのみ)

日照不足?、ちょっとひ弱な「ゼイヘリイ」さんです。

良く似た「永楽」はどんな花色なのか、いまだ開花無し。


↑の株、我が家にやって来たのは、2008年1月28日、新年会の日でした。

2008.1.28

余り競り落としたことのない私が、皆さんのご協力の元?落とせたのです。(笑

あれから6年半、枯れもせず腐りもせず、かなり大きくなってくれたのでした。


根元には「落ちた葉が根付き」、小さな株になろうとしています。


アドロの花たちが…

2014.07.06 (Sun)

 アドロミスクス属

アドロの花



アドロの花



アドロの花

ただいまハウス内では「アドロミスクス」の花たちが咲き乱れています。

交配する手間を省くため花柄を絡ませ、あわよくば結実を、と、もくろんでいるのですが、

結果はどうなりますやら…


ちなみに、ハオの場合、花柄はすべて抜き取ります。


 追加画像

     【松 虫】
松虫



松虫

松虫、「アドロ属」の中で好きな1種、葉模様が1枚1枚違うし、意外と強く葉挿しもできるし、

なぜかしらあちこち小さな鉢が鎮座しています。

この株も「挿し木更新しなくっちゃ!」と思いながら数年、盆栽鉢に群生株も良いかな~♪、なんて!


ラベル、挿し違いぢゃ!

2014.04.11 (Fri)
 
 アドロミスクス属

ラベルには「黄花のキク科植物 オトンナ・フラビフォリウム」と書かれています。

小さいころはそれらしき姿をしてたので、疑わずに連れ帰ったのであります。

アドロ



アドロ



アドロ

ところが、だんだん??な気持ちに。

どう見ても「オトンナ」とは言えない形態、そのうち花芽が見え始めました。

「黄色い花が咲くのか」とその時を待ったのですが、、

初開花は⇒ こちら

花の形からして「アドロミスクス」、期待が大きかっただけにがっくり!

名前を確認するのも一苦労、いまだに「謎」です。


2日ほど留守にします。

今の季節「桜散策」へ、ちょっとプチ遠征。


ちょっと旬を過ぎた 多肉の花

2013.09.10 (Tue)

 アドロミスクス属

     【ヘレイ・ドラゴンボール】
ドラゴンボール



ドラゴンボール



ドラゴンボール

花は小さくピンク色、「アドロの花は地味」なはずだけどこれは可愛い。

胴体は冬と違いくすんだ色に変化、あの、冬の赤い色が素敵で良いのに。


今が旬・多肉花

2013.07.09 (Tue)

 アドロミスクス属

     【ゼイヘリー】
ゼイヘリー



ゼイヘリー



ゼイヘリー

今年は賑やかに咲いてくれてます、花柄5本です。

少しづつ株が増えてそろそろ鉢増しか、な感じ。

他のアドロも花柄が伸びて順次出番待ち。


今年の夏は「葉焼け」しそうな暑さ、やっと遮光ネットを屋根だけに張りましたよ。

遮光ネット

天井の「23%白」は年数が過ぎて汚い!、これも張り替えれば明るさが違うでしょうね。


ラベルが違うぢゃー!

2013.06.19 (Wed)
 アドロミスクス属

     【品種名は??】
014アドロ



021アドロ



016アドロ

この花のラベルには「黄花のキク科 オトンナ・フラビフォリウム」と詳しく書いています。

おそらく挿し違いでしょうが、多肉に詳しくない人が挿したのでしょう、あまりにもお粗末すぎる。


019アドロ



020アドロ

胴体部分はこちら。

持ち帰ったときは「オトンナはこんな姿してるのかー」と信じていたのであります。

初の「オトンナ属」でしたから。

その内、「どーもおかしい、これはアドロぢゃなかろうか」と疑うように。

花芽が上がり「黄色い花」が咲けば判明する、と淡い期待をしてたのですが、やっぱり裏切られた。

となれば、品種名は、手持ちの図鑑には載っていません。

花色はちょっと変わっているし、これはこれでいいかなー!、と…


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。