スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例会・持ち帰り品

2008.11.18 (Tue)
 例会で持ち帰った【花ものサボテン】

       【紫粉丸&マキシミリアーナ】
紫粉丸    マキシミリアーナ

       【大花亀甲&紫麗丸】
大花亀甲    紫麗丸

       【フルビネンシス】
フルビネンシス
花ものサボテンの流通が少ないらしく、「サボテンおじさんち」へお嫁に行くはず、、の予定。

刺の面白みが、いまだ理解できないでいます。
そのうち、解るときがくるでしょうか。

スポンサーサイト

サボ例会・持ち帰り品

2008.06.20 (Fri)
 サボ例会で行なわれた競売、セリ苗4点を持ち帰りました。
いづれも「小型種サボテン」です。

       【艶花丸】
艶花丸


       【紅愁丸】
紅愁丸


       【名前忘れたサボテン】
名前、忘れた!

思い出したら書き直します。
いつもこうなると分かりながら、メモすること忘れるんです。
走行途中まで覚えているのですが、運転に集中している間にどこかへ消えてしまいます。(情けなや!)

       【兜(大いぼ)】
おおいぼ兜

「イボが大きいから持っときな!」と、騙されたような気がしないでもないけど、ま、いいでしょう。
お手ごろ値段では買えないもの、かも?


新天地、開いてきました。

2008.06.14 (Sat)
 サボテン・新天地の花が開き始めました。
ピンクのようですが、開いて見なければ分かりません。
(蕾の色と同じとは限らないから)

       【サボテン・新天地】
サボテン・新天地の蕾 6/13

まず、3つの蕾が開き始めました。
陽の当たった方が早いのでしょうか。やはり、鉢回しはいつでもした方がいいようです。

       【珊瑚油桐】
珊瑚油桐    珊瑚油桐・花

周年、花を見せてくれます。 (ただし、冬の花は小さい。)
休眠期があるのでしょうが、置き場所が部屋の中なので、「うたた寝」くらいなのでしょう。
戸外の株は完全落葉、やっと葉が見え始めています。

       【花蔓草・白花】
花蔓草・白花    花蔓草・白花

多分、他に名前があるはずです。
いつだったか教えていただいたのに、記録していません。
その方が、また教えてくださるに違いないのでお待ちしましょう。(ホントは恥ずかしいことなのですが、仕方ありませんね)
性根が無い、、とはこのことでしょうか。


猿恋葦

2007.09.11 (Tue)
 サボテン・ハチオラ属

       【猿恋葦】
猿恋葦    猿恋葦

掲示板の方へ、男爵さんが「猿恋葦」をお持ちくださいました。
素敵な器に植えられて、「おぼっちゃま」と言う感じ。
それに比べ我が家の「猿恋葦」、「野生人」と申しましょうか、色黒で、いかにも強そう。

今秋には器もそれなりに変えて、も少し「おぼっちゃま風」にしてあげましょう。

       【花芽?】
猿恋葦・花芽?

茎の先、アップしました。
ここから何が出てくるのか、興味津々です。


サボテン。猿恋葦

2007.07.24 (Tue)
 サボテン

       【猿恋葦】
猿恋葦

我が家の「猿恋軍団」集合です。
あと、こぼれた1茎が居座ってる鉢、あちこちにあるのです。
暑さ寒さに強く、多少の厳しさにも負けません。
古いものでは我が家に来て10年、茎も「木質化」してきました。
そろそろ「株更新」の時期でしょう。
花が咲けば、株全体がオレンジ色になります。
群生させればそれもできるはず。
気が向けば、やってみましょう。


たまにはサボテン

2007.05.14 (Mon)
ハチオラ属
刺はなく棒状の枝を重ねて小かん木状育つ。
葦サボテン。半日陰で、空中湿度を高めに育てる。

     【猿恋葦】
猿恋葦

肉友に、5本の枝をもらったのが8年位前。
以後、切っては挿しながら増やしたのですが、5号鉢にいっぱいです。
花が咲けば枝先がオレンジ色に染まり、とても賑やかになります。
花後枝先を切り戻し、草丈低く育てると可愛いです。

     【花を拡大】
猿恋葦・花を拡大

花びらの中に、もう1つ花があるように見えます。

     【花物サボテン】
花サボテン

サボテンの花は、鮮やかな色が多く目立ちます。
3月の例会で、いただいたサボテン。
小さな蕾が着いていたので、開いてきました。
鮮やかな「オレンジ色」。あと一鉢は、まだ固い蕾です。


展示会・7

2007.04.24 (Tue)
 展示会・紹介の最後には、やはり「サボテン」を。

花物、棘ものとあります。
花が咲けば「いいな~」と思うのですが、まだ、魅力がイマイチ分かりません。
殿方見てると、「棘」を眺めてニヤニヤしています。

     【サボテンの花】
サボテンの花    サボテンの花


サボテンの花    サボテンの花

下の右は、継ぎ物と言われるものです。
台木に実生の小さな苗を乗せるだけ、それでちゃんと育つのです。

来年4月、また開催されるでしょう。
その時も、プチオフ会する予定。
ワイワイガヤガヤ、楽しい時間でした。


サボテン?

2007.01.20 (Sat)
 学名。Hatiola salicornioides
流通名。猿恋葦。

9年前は、「多肉植物」と思っていました。
棘はなく枝を重ねて小かん木状に育っていたからです。図鑑を手にして初めて「サボテンの仲間」と知りました。

     【猿恋葦】
猿恋葦

枝先に、蕾がたくさん着いています。
オレンジ色に近い、黄色の小さな花が咲くのは、暖かくなる4月ごろでしょうか。
それにしても、蕾の時間が長すぎます。

別の鉢にもたくさんの蕾。
今年は賑やかになりそう。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。