スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光玉

2007.05.05 (Sat)
フリチア属

     【光 玉】
光玉

夏型種で開花は6月、7月ころ。
南アフリカ・トランスバール州、自生地は、標高1300mの高原で11月から3月に年間の全降水量・740mmが集中して降る。
表土が酸化して黒っぽいため、現地で探すのは一苦労。

画像の花は、2005.07.05のものです。
昨年は、瀕死の状態で回復しないだろうと考えてましたが、何とかがんばってくれました。
今年の開花は、体力が無いので諦めています。

本日の光玉。
光玉、07.05.05

なぜか、黒っぽくなってきました。
先日のお話で、水切れ&根の傷み、それに日焼けかもしれません。
水は施したのでしばらく様子を見ます。

しかし、3年近くなろうとしてるのに、ちっとも大きくならず、すこし辛目の育て方かもしれないですね。

スポンサーサイト

Category: メセン | Comment(4)

ツルナ科

2007.05.05 (Sat)
ツルナ科・トリコディアデマ属

     【紫晃星】
紫晃星

葉先に柔らかい刺を持ち小葉を群生させます。
年数が経つと、塊根性の山野草風になり見応えのあるものです。

よく似た種に「姫紅小町」があります。

デロスペロマ属
     【沙座蘭】
沙座蘭

小さな船形の柔らかい葉を群生させます。

2種とも暑さ寒さに強く、我が家では戸外で育てています。
雪が被っても春にはちゃんと芽吹いてくれる、とっても「良い子」です。


Category: メセン | Comment(0)

宝録

2007.03.25 (Sun)
グロティフィルム属・宝録

昨年の9月、サボ例会へ行った折、「友達の友達はみな友達」てなことで、趣味家のハウスへおじゃましました。
ハウスの中には「50年もの」がずらり。
一芽ものなら持っているのですが、??芽とは驚きでした
それを、遠慮もせずにいただいて、一回り大きな鉢に植え替えたのが3ヶ月前。
植え替えたと言うより、鉢増しです。

     【宝 録】
宝録

花が咲きました。
これだけ大株なので、鉢全体が黄色になるかと思いきや、一輪だけ。
ちょっと寂しい「開花宣言」でした。


Category: メセン | Comment(6)

メセン類

2007.03.01 (Thu)
Pieiospilos nrlii

プレイオスピロス属・帝玉。
今年で3回目の脱皮。花はまだ咲きませんが、今年は見せてくれそうな大きさになりました。

     【帝 玉】
実生・帝玉

2月に入って水遣りはしていません。
そろそろ脱皮の時期と考えたからです。
親株が枯れ始めたら水を半分だけ与えます。

リトープスを育て始めての頃「水遣りは鉢の半分」そう言われて意味が分かりませんでした。
そこで考えたのが、自生地の総降水量です。
年間500㎜として水遣りを年10回、単純に考えて1回が50cc。
乾いた鉢土にどれほどの湿りがあるでしょうか。
とてもとても、上辺だけです。
そんなことをしながらの試行錯誤でした。

時間と共に、水の湿る音で分かるようになってきたのです。

     【ストマチウム・アグニナム】
アグニナム

この花は、夕方から開きます。
そして、日が沈む頃香りを漂わせるのです。昨年夜、ハウス内をみている時気がつきました。
日が昇ると閉じ始めます。
人に、見られることなく終わる花もあることが分かりました。
Category: メセン | Comment(12)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。