白い子は良いな~♪

2016.11.19 (Sat)

 タドレア属

     【仙女盃】
仙女盃



仙女盃

お持ち帰り当時、ラベルには「仙女盃」と書かれていたのですが、微妙に違って見えるの

です。

実生の場合、個体差があるので葉の姿など「微妙に違う」こともあるのでしょう。

この頃、初心に戻り「原種」を探すことが多くなってきました。



     【ヌビゲナ(クサンチ)】
ヌビゲナ

こちらは一時腐り始めてダメ元で植え替えた子です。

3年前やっと復活の兆しを見せてくれたときは、「やったー!」と喜びも一入でした。

2年前に書いた記事は、⇒こちら

白い子は良いけど、植え替えなどには気を使います。



 セネキオ属

     【ヘブデンギアイ】
       hebdingii
ヘブデンギアイ



ヘブディンギー

 昨年の2月、知り合いのハウスで見つけた子、3本だった株が新芽も伸びてかなり賑や

かになりました。

夏の暑さにも負けず、放置されても拗ねる事無く元気に育っています。

七宝樹より育てやすいかも。


 明日は我が家で「九サボ11月例会」が行なわれます。

ハウスなどいろいろ整理したら、かなり鉢数が減ってしまいました。

「大寒波&猛暑」でやられてしまったのです。

以前のように、とはいかないけど「復活」を目指し、挿し木など励むことにします。


白い子は羨ましい!

2015.03.11 (Wed)

 タドレア属

     【仙女盃】
仙女盃



仙女盃

ちっとも大きくならない「仙女盃」、器を大きくしたらどうなるんでしょう。



  その②
仙女盃

こちらは1度挿し木に失敗、再度挿し直してやっと根付いたのは3ヵ月も過ぎたころ。

肉友さんと一緒に「ヒヤヒヤ」したものです。

ポットよりかなり小さ目だった株がはみ出すように育ってくれました。

一人前になるには、まだまだ時間が掛かるでしょう。



     【ヌビゲナ(クサンチ)】
ヌビゲナ



ヌビゲナ

 以前は「素直な姿」をしてたのに、


20130314
            (2013年3月14日撮影)

ほらね!

分頭してるし、小さくなってるし、ま、器もそのままだし根詰まり状態、ってことかし

らん。

このまま育てるか、切り離すか、悩むところですね。


タドレア・2種

2014.06.19 (Thu)

 タドレア属

     【仙女盃】
仙女盃



仙女盃



仙女盃



     【ヌビゲナ(クサンチ)】
ヌビゲナ



ヌビゲナ

 どちらも「ハウス組」、雨には当たらないけど「黄砂やPM2,5、および埃」などが窓からどんどん進入。

時には「カメラ用ブロアー」でシュッシュッ、結構埃が飛びます。

できるだけ「白粉」が落ちないよう気をつけるのですが、どうしても触ってしまうことが…


完全復活

2014.05.26 (Mon)

 ダドレア属

     【ヌビゲナ(クサンチ)】
ヌビゲナ・クサンチ



ヌビゲナ・クサンチ



ヌビゲナ・クサンチ

鉢を回しながら角度を違えて撮ってみました。



ヌビゲナ・クサンチ4月16日

 こちらは1ヵ月前の4月16日撮影、ちょっと小さいですね。


この株、1年半前は消えて無くなりそうな「葉が1枚」の姿をしてたんです。

 1年前の姿⇒ こちら

あれから1年半、ただ待つのみで葉が1枚づつ増えて、やっとここまで大きくなりました。

まずは、一安心です。


今が旬・多肉花

2013.04.25 (Thu)

 ダドレア属

クサンチの花



クサンチの花

この花の胴体は、、

サンチ

【クサンチ】、初開花です。

どんな花が咲くのだろうか、とワクワクしていたのですが、地味ですね。

別株は「蕾」さえありません。

半分くらい咲いたころ、切り花として花瓶に挿します。

体力消耗しないうちに切らないと…


ヌビゲナ(クサンチ)

2013.04.03 (Wed)

 ダドレア属

ヌビゲナ



ヌビゲナ



ヌビゲナ

やっとここまで復活。

半年前、小さな葉が1枚だけで細々生きていたのです。

害虫に襲われ「ダメ元」で消毒して植え替え、祈る思いでした。

冬の寒さにも負けず少しづつ元気を取り戻し、葉が10枚以上展開してくれてもう大丈夫のところまでやってきま

した。


ヌビゲナ(クサンチ)

2013.03.12 (Tue)
 ダドレア属

ヌビゲナ



ヌビゲナ



ヌビゲナ

植え替え時、1番気を使うのはお化粧が取れること、ちょっとでも触ればそこだけ剥げてしまいます。

 それにしても「仙女盃」とよく似ています。

この子は置き場所が良いのか、とても綺麗。(と思ってる!)

どんな花が咲くのか、初開花なのでワクワクしているのです。


*この子ももしかしてラベルの挿し違い・仙女盃、とかは無いですよね。

クサンチはもっと薄っぺらな葉と幅も細い。

ヒラヒラ感があったような気がする。


仙女盃

2013.03.11 (Mon)
 ダドレア属

     【仙女盃・1】

仙女盃



仙女盃



     【仙女盃・2】

仙女盃



仙女盃

「1」と「2」の違い、葉の幅と長さ、ずんぐりとスマート。

個体差なのか。

肉友はいつもこう言う、「キャベツだっていろいろ姿形が違うでしょ!」と。

納得できる「ひとこと」であります。


* この2つ、棚から落ちて数枚の葉が折れていました。

あぁぁ~、まさか、落ちるとは・・・・・

新葉が何枚大きくなれば、元の綺麗な姿に戻れるでしょうか。

暖かくなるこれから、栄養補給したらニョキニョキ、な~んて…



お化粧し過ぎ?

2011.06.13 (Mon)
 
 真っ白にお化粧した子、ちょっとでも触ろうものなら剥げてしまいます。

そうなると、見辛いですね。

       【仙女盃】
007仙女盃   008仙女盃

綺麗にお化粧すると触るにも気を使います。

特に、植え替えなどは首根っこを摑まえてからの作業、それでも葉裏は指の跡が。

我が家に来たのが「4月9日」、その時の姿は

4月9日撮影・仙女盃   4月9日撮影・仙女盃

まるで別物のように見えます。

2ヵ月半でこれほど変身する」てとは、考えもしなかった。

これだから「多肉栽培を止められない」です。



back-to-top