FC2ブログ

玉型メセンの被害

2019.04.07 (Sun)

 コノフィツム属

       【花 園】
062花園


060花園


061花園

平成17年10月、「萌やしプロの挿し木苗」として我が家へやって来た子です。

挿し木は初挑戦、隊長より教えていただいた通りに挿し、発根を待ちました。

5頭すべて発根しあれから13年半、順調に育っています。

と、思っていたのですが、このまだらな赤いしみはなんでしょう。

初めての経験です。

日焼けか病気か、新球は育っているようなのでこのまま様子を見て、脱皮後にそれからの処置を考えます。

それにしてもこの赤い斑点は何??(気になる~~!)


       【ペルシダム】
042ペルシダム


046ペルシダム

この子に関してはもっと悲惨、危うく処分するところでした。

見た目は「枯れてる?」、皮を被った上から確認しても生きてる様子はなく、土から掘り出してみると根は

何となくしっかりしています。

それで丁寧に皮を破り中を覘くと、「あれ?、あんた生きてるん?」の感じ。

シワシワだけど生きてる、ことを悟り、植えなおして少しの水を施こしました。

これでしばらく様子を見ることにします。

今や、貴重な玉型メセン、復活させねば。



リトープス

2019.02.12 (Tue)

 リトープス属

      【大津絵】
大津絵


       【オリーブ玉】
オリーブ玉

花が咲いていたのは一応確認したのですが、気が付いた時にはすべてが・・・

しかし、割れてちょこっと見せている不思議なものは何なんでしょう。


オリーブ玉


オリーブ玉・挿し木

この子は大株の中からポロリと落ちた1頭、挿していたら根付いたのか花も見せてくれたし状態も◎。

嫁ぎ先は決定してるのですが、何とかやってくれるでしょう。


      【c412 laevi gata】(ラエビガータ)
c412ラエビガータ


c412ラエビガータ


       【トップレッド】
トップレッド



送っていただきました♪

2017.10.15 (Sun)

 挿し木苗「花園」を送る代わりに、と、コノフィツムの実生苗を送っていただきまし

た。

立派な株です。


     【C.maughnii(Red×Red)】
320 C.maughnii(Red×Red

この子は初めて育てます。

球体がかなり大きいので私の栽培法が合えばいいのですが・・・



     【C.ratum(Rラツム)】
324C.ratum(Rラツム)

この子もお初、球体の形が変わってるので増えてくれるのが楽しみです。



     【C.burgeri(ブルゲリ)】
330C.burgeri(ブルゲリ)

この子は3度目、私的には気難しい子、と思うのですが、隊長がおっしゃるには「乾燥と

強い日照に強いのを選びました。遊んでみてください」とのこと。

さ~、この3種、花が咲いたときどのようにして遊ぼうか、とっても楽しみです。


45日ぶりのお肉たち

2017.10.15 (Sun)

 前回より「45日ぶり」の投稿です。

トップに「お知らせ」が載ると「あれ~~、、まさか止めたんちゃうの??」、と、

言われそうですが、決してそんなことはありません。

「いつまでも残す趣味」なのでよろしくお付き合いくださいませ。

で、前回のコノフィツム・花園、私の管理が悪くて「ラベル差し違い」か、不明に

なってしまったようです。

本日、撮り直しました。

「片方」が分かれば、おのずと「片方」が判明するわけです。


     花園 祝 典A】
331花園



297花園



300花園

「花園A」と書いていますが、隊長指導(祝典は斑点が多い)によれば「祝典の特徴

あり」。



     花園 祝 典B】
332花園



302花園2



305花園2

こちらも「花園B」と書いていますが、「祝典」の特徴。

植え替えるときか、株分けするときラベルを挿し間違っていたようです。


先ほどケースの中を確認すると、「祝典」のラベルがついた株分けしたような子がいる。

カメラを出して撮りましたが、特徴がきれいに出ません。

明日、撮り直します。


     【花 園】
313祝典



315祝典

「斑点がほとんどない、透明窓は長い」の特徴から、こちらが花園。

教えていただけて良かったです。

間違ったまま育てるところでした。

隊長、ありがとうございます。(私にとって、いつまでも「隊長」です)


書き違えた!

2017.08.30 (Wed)

 10年前、玉型メセン・コノフィツムの挿し木や種蒔を学ぼう、と言うプロジェクトが

発足。

conocono隊長を頭に、1?名の隊員が参加。

そりゃー真剣に学ばせていただきました。

種蒔、途中までは順調だったのですが、気候の変わり目に「没落」。

上手くいきそうで「うひゃひゃ!」とほくそ笑んでいたのに…

しかし、挿し木は上手くいきました、、1種を除いては。


 コノフィツム属

     花 園 祝 典】
花園



花園



     祝 典 花 園】
祝典



祝典



     【式 典】
式典

 昨年の記事を読まれた隊長から、「名前を書き違えた!」のコメントが。

で、昨秋株分けをして根付いた様子、お届けしたいのですが、再度画像確認をして、と

おっしゃいましたので、今朝、現在の姿を撮り直しました。

いかがでしょうか。


脱皮もいろいろ

2017.05.04 (Thu)

 リトープス

     【c363 オーレア】
c363 オーレア

左の子、な~んか変な割れ芽から出ようとしてる、、頭からちゃんと出てきなさいよね。



     【オリーブ玉】
オリーブ玉



オリーブ玉



     【トップレッド】
トップレッド



     【麗虹玉】
麗虹玉



     【大津絵】
大津絵

最近お気に入りの「大津絵」、地味色ですが何とも言えないんです。

古い日記を読み返すと、色違いで5頭育っていたんですねー、あのころは。



     【c412 laevigata】
083 c412laevigata



     【エリセー】
エリセー

私の基本的栽培、脱皮が始まったら水遣りはしません。

親のすねをかじりながら子が成長するからなんですけどね。


コノフィツムの場合、×2、で増えていきますが、リトープスの場合は1×1ほとんど。

増やすなら「実生」の方が早そう。

と言っても、交配するなら親株2頭必要だし、それに大変ですよね。

私の場合、実生して増やす、そんな時間がありません。

群馬に注文書飛ばそうかなー。


リトープスたちの今

2017.03.09 (Thu)

 リトープス属

     【C412 lavigata】
C412 lavigata



     【大津絵】
大津絵



     【C363 オーレア】
C363オーレア



     【C403 オリーブ玉】
C403オリーブ玉


     【オリーブ玉】
オリーブ玉



     【C362 サルプレマ】
C362サルプレマ


昔、ランを育てているとき講師の方がこんなことをおっしゃいました。

「種を蒔いて商品になるのはほんの一部、ほとんどは廃棄しています。」 と。

そう言われながら2号鉢に植えられた「カトレア」を参加者全員にくださいました。

「この中の1名でもきれいな色のカトレアが咲けば素晴らしいことですよ」、実生と言う

行為はそれだけ奥深いことなんだ、と理解した瞬間でした。

不器用な私はあれこれすることができません。

この歳になっていま挑戦してるのは、交配種では無い「カランコエの実生」です。

成長が遅く、この株に花が咲くのは?年後でしょうか。

小さい苗を見ながらそれを楽しみに育てています。


 追記・不適切な説明をしておりましたので訂正させていただきました。


玉型メセン・2種

2017.02.06 (Mon)

 ギバエウム属

     【無比玉】 
無比玉



水滴玉

1度「スルー」して帰ったのですが、どうも気になるし、後で後悔したくないし、で、

思い切って翌日お持ち帰りしました。

以前失敗してるから今度はちゃーんと育てて群生株を作る、、予定。

数年後、こんな風に笑えたらいいのですが…



     【水滴玉】
水滴玉



037水滴玉

図鑑を見ると「翆滴玉」だし、 株の様子もかなり違っています。

まさか、「同じ名前」の子がいるわけないし、しばらく様子を見ることにします。


コノフィツムたちの、今。

2017.01.31 (Tue)

 コノフィツム属

     【フィシフォルメ・白花】
フィシフォルメ・白花



フィシフォルメ・白花

水を切りすぎたのか、他の理由なのか分からないけど「赤く色づきました。

以前、「水不足では?」と教わった気がするのだが…、ストレスなんだろうなー。



     【ヘレナエ】
ヘレナエ



ヘレナエ

かなり小さめのコノ、赤いラインが何ともよろしい。



     【エクティブム・エンリエットSB1122】
エクティブム・エンリエットSB1122



エクティブム・エンリエットSB1122
こちらも小型、かなり群生してくれました。

コノフィツムは「×2」と増えてくれるのですが、リトープスは1頭は脱皮しても1頭、

と全然増えてくれません。

種で増やすしか手が無いような。


     【ペルシダム・ネオハリー】
ペルシダム・ネオハリー



ペルシダム・ネオハリー

ちょっとやばそう~、とヒヤヒヤしながら見守りましたが、何とか生き残れそうです。

水遣りに気をつけ「×2」と、増やしたいものです。


玉型メセンの今

2016.11.16 (Wed)

 リトープス属

     【オリーブ玉】
オリーブ玉



オリーブ玉

 リトープスはコノフィツムのように増えてくれないので、いつまで経ってもこの姿。

種を採るしか方法が見つからない。

親株も無いし、これは永遠の問題かも。



     【ペルシダム・オキエップ】
ペルシダム・オキエップ



ペルシダム・オキエップ

 この子もあまり増えて無いよなー。

2年前は7頭、1頭消えちゃったし、やはり栄養不足になってるのかも。

適時の液肥は欠かせないね。

気にかけてあげよう~っと。



     【ヒアンス】
ヒアンス



ヒアンス

 我が家に来たのは一昔前?、もっと以前かも。

5~6頭の株がこれほどまでに大きくなりました。

が、鉢回しをしなかったせいでしょうか、左半分が変。

10月にはしっかり起きてるはずなのに、今年の目覚めは遅すぎ。

しばらくは要観察、してみます。


back-to-top