脱皮もいろいろ

2017.05.04 (Thu)

 リトープス

     【c363 オーレア】
c363 オーレア

左の子、な~んか変な割れ芽から出ようとしてる、、頭からちゃんと出てきなさいよね。



     【オリーブ玉】
オリーブ玉



オリーブ玉



     【トップレッド】
トップレッド



     【麗虹玉】
麗虹玉



     【大津絵】
大津絵

最近お気に入りの「大津絵」、地味色ですが何とも言えないんです。

古い日記を読み返すと、色違いで5頭育っていたんですねー、あのころは。



     【c412 laevigata】
083 c412laevigata



     【エリセー】
エリセー

私の基本的栽培、脱皮が始まったら水遣りはしません。

親のすねをかじりながら子が成長するからなんですけどね。


コノフィツムの場合、×2、で増えていきますが、リトープスの場合は1×1ほとんど。

増やすなら「実生」の方が早そう。

と言っても、交配するなら親株2頭必要だし、それに大変ですよね。

私の場合、実生して増やす、そんな時間がありません。

群馬に注文書飛ばそうかなー。


リトープスたちの今

2017.03.09 (Thu)

 リトープス属

     【C412 lavigata】
C412 lavigata



     【大津絵】
大津絵



     【C363 オーレア】
C363オーレア



     【C403 オリーブ玉】
C403オリーブ玉


     【オリーブ玉】
オリーブ玉



     【C362 サルプレマ】
C362サルプレマ


昔、ランを育てているとき講師の方がこんなことをおっしゃいました。

「種を蒔いて商品になるのはほんの一部、ほとんどは廃棄しています。」 と。

そう言われながら2号鉢に植えられた「カトレア」を参加者全員にくださいました。

「この中の1名でもきれいな色のカトレアが咲けば素晴らしいことですよ」、実生と言う

行為はそれだけ奥深いことなんだ、と理解した瞬間でした。

不器用な私はあれこれすることができません。

この歳になっていま挑戦してるのは、交配種では無い「カランコエの実生」です。

成長が遅く、この株に花が咲くのは?年後でしょうか。

小さい苗を見ながらそれを楽しみに育てています。


 追記・不適切な説明をしておりましたので訂正させていただきました。


玉型メセン・2種

2017.02.06 (Mon)

 ギバエウム属

     【無比玉】 
無比玉



水滴玉

1度「スルー」して帰ったのですが、どうも気になるし、後で後悔したくないし、で、

思い切って翌日お持ち帰りしました。

以前失敗してるから今度はちゃーんと育てて群生株を作る、、予定。

数年後、こんな風に笑えたらいいのですが…



     【水滴玉】
水滴玉



037水滴玉

図鑑を見ると「翆滴玉」だし、 株の様子もかなり違っています。

まさか、「同じ名前」の子がいるわけないし、しばらく様子を見ることにします。


コノフィツムたちの、今。

2017.01.31 (Tue)

 コノフィツム属

     【フィシフォルメ・白花】
フィシフォルメ・白花



フィシフォルメ・白花

水を切りすぎたのか、他の理由なのか分からないけど「赤く色づきました。

以前、「水不足では?」と教わった気がするのだが…、ストレスなんだろうなー。



     【ヘレナエ】
ヘレナエ



ヘレナエ

かなり小さめのコノ、赤いラインが何ともよろしい。



     【エクティブム・エンリエットSB1122】
エクティブム・エンリエットSB1122



エクティブム・エンリエットSB1122
こちらも小型、かなり群生してくれました。

コノフィツムは「×2」と増えてくれるのですが、リトープスは1頭は脱皮しても1頭、

と全然増えてくれません。

種で増やすしか手が無いような。


     【ペルシダム・ネオハリー】
ペルシダム・ネオハリー



ペルシダム・ネオハリー

ちょっとやばそう~、とヒヤヒヤしながら見守りましたが、何とか生き残れそうです。

水遣りに気をつけ「×2」と、増やしたいものです。


玉型メセンの今

2016.11.16 (Wed)

 リトープス属

     【オリーブ玉】
オリーブ玉



オリーブ玉

 リトープスはコノフィツムのように増えてくれないので、いつまで経ってもこの姿。

種を採るしか方法が見つからない。

親株も無いし、これは永遠の問題かも。



     【ペルシダム・オキエップ】
ペルシダム・オキエップ



ペルシダム・オキエップ

 この子もあまり増えて無いよなー。

2年前は7頭、1頭消えちゃったし、やはり栄養不足になってるのかも。

適時の液肥は欠かせないね。

気にかけてあげよう~っと。



     【ヒアンス】
ヒアンス



ヒアンス

 我が家に来たのは一昔前?、もっと以前かも。

5~6頭の株がこれほどまでに大きくなりました。

が、鉢回しをしなかったせいでしょうか、左半分が変。

10月にはしっかり起きてるはずなのに、今年の目覚めは遅すぎ。

しばらくは要観察、してみます。


コノフィツム・いただきもの

2016.11.08 (Tue)

 コノフィツム、買い求めたものもありますが、いただき物の方が多いかも。

     【ペルシダム・白花】 
ペルシダム・白花



     【ツバツム】
ツバツム



     【ペルシダム・クプレマツム】
ペルシダム・クプレマツム

この3種、ちょうど1年前に関東方面よりわが家へやってきました。

他にもまだ居るはずなんですが、見当たりません。

きっと、どこかに居るはず。(探さねば!)



     【ペアルソニ―】
ペアルソニ―

この子の足あとがありません。

検索で探すと「チレコドン属」で出てくる、もしかして、名前が違う??、

ラベルの挿し違い??



     【セミルヌルム】
セミルヌルム

ご近所のホムセンからお持ち帰り、頭数は増えたのですが球体は縮んだ?

名前の正確さは不明。



     【口 笛】
口笛

肉友さんよりのいただきもの、いつ貰ったのか記録が書いてないじゃー。

困ったことです。


コノフィツムの挿し木苗

2016.11.07 (Mon)
 
 コノフィツムの種蒔&挿し木を学ぶ会を立ち上げていただき参加したのが10年前

初めての挿し木で緊張したことは忘れません。

1種を除き4種ほど元気に育っています。

   
     祝 典 花 園】
祝典   祝典



     花 園 祝 典】
花園   花園

 隊長・conoconoさんより「名前が逆転してた!」のご指示をいただき訂正。

同じように見えても特徴ははっきり、さすが師匠さまです。



     【シレネオビリデ】
シレネオビリデ   シレネオビリデ



     【式 典】
式典   式典

頭数も増え株分けした子や、そろそろ鉢増しした方がいい子もいます。

これからが花の時期、花色もいろいろで1番嬉しい季節。

ご褒美ですね。



     【翆 星】
翆星   翆星

 この子は2度失敗して3度目の挑戦、厚かましくも3度挿し木苗をいただきました。

この鉢一杯に増やすのが夢、今度こそ、、と意気込みは十分。

なのですが・・・


4ヵ月目の更新

2016.11.01 (Tue)

 前回、7月初旬に更新して以来4ヵ月が過ぎ、暑い夏も終わり冬が来そうな気候に

変わっています。

この歳になると家庭の事情もいろいろ、私よりかなり年上の母が居るので

老老介護も間もなく、、かなー?

でも、園芸は狭い庭でできるから続けることができます。

ストレス解消ですね。

 今日、夏の暑さで傷んだものは整理してかなり片付け、今後はあまり増やさず

現状維持で楽しむことを決意(?)しました。


 コノフィツム属

     【式 典】
式典



     【オフタルモフィルム・ベルコーサム】
ベルコーサム



     【秀麗玉・エンリエ】
秀麗玉・エンリエ



     【秀麗玉・ブリークリエト】
秀麗玉・ブリークリエト



     【リンビーダム・ボルストルイスフェク】
ボルストルイスクェフ



     【風鈴玉・サモエップ】
風鈴玉・サモエップ

 花の季節に移ろいでいた玉型メセン、盛りを過ぎてるものもありました。

1番綺麗な時を逃がす事が無いよう、ハウス点検は細目にしてあげようと反省をした

1日でした。


玉型メセン・コノフィツム

2016.05.15 (Sun)

 玉型メセン・コノフィツム属、1×2、2×2、と割と増えるコノちゃん達。

大きさも様々、小さいものは5㎜、大きいものは2㎝くらいでしょうか。  


     【オプコルデルム・ランベルテンセ】
ランベルテンセ

かなりシワシワ、でやっと水遣り、よく見るとこれから脱皮する様子。

ちょっとやりすぎちゃったかな?



      【オフタルモフィルム 秀麗玉・エンリエ】
秀麗玉・エンリエ



     【フィシフォルメ・白花】
フィシフォルメ・白花

「冬に紅葉する」と教えていただいたのですが余りにも赤すぎる?

赤い皮が剥がれて緑の球体が顔を出す、これのサイクルなのでしばらく様子みます。



     【オフタルモフィルム・ベルコスム】
オフタルモフィルム・ベルコスム

約4年かけてやっと2頭に、このまま1頭で終わるのか」と思ってた時に不思議な姿に

変身。

そこから2頭に増えたのですが「あっちむいてホイ!」の姿に。

この子は気難しいコノでした。

水を切らすとぶよぶよだし、水やりすると身割れするし、やっと性格が読めた!、と

思えるようになってきました。



     【コノフィツム・セミルマルム】
セミルマルム

ご近所のホムセンからお持ち帰り、名前の正確さは、多分不明。

それでも元気良くて増えているのですが、球体の表面・黒い斑点が気になります。

これが「普通」であって欲しい。


リトープス、脱皮

2016.05.14 (Sat)

 玉型メセン、リトープスの脱皮が始まっています。

かなり早めの子、ボチボチの子などいろいろですが、これから梅雨明けするころには

綺麗な顔を見せてくれるはずです。


     【オリーブ玉】
オリーブ玉



オリーブ玉

 リトープスはコノフィツムと違い、そう簡単には増えません。

1頭は脱皮をしてもそのまま1頭、稀に2頭で脱皮することもあるのですが、これが

ほんとに「稀!」なんです。

開花時期、交配して種を採るのも一考なのですが、花粉のメカニズムが分かりません。

むやみにしても結実しないこと多々ありなんです。

それに、開花時期のずれもあるしで上手くいかないのです。



     【C403オリーブ玉・ネブロウニー】
C403オリーブ玉

同じ「オリーブ玉」でも肌色の違いがあります。

少しピンクっぽいかな?



     【C362サルプレア】
C362サルプレア

この子は「摩訶不思議」な子でして、4年前は1頭だったのになぜこんなに増えたか。

他の子たちも調べなくては答えが出ない!、そんな状況になっています。


 3種とも「脱皮」は順調に進行してるので、それはそれでいいのですが…

ハウス内を点検してみます。


back-to-top