FC2ブログ

開花

2007.01.07 (Sun)
 年末から花芽があったコノフィツムたち。
年が明けてから開花が始まりました。

     【マルギナツム】
マルギナツム

3年前、群仙園から購入。
頭数は増えましたが、今年初めての開花です。
図鑑には「裂葉上の赤い縁取りが鮮明」「花はパープル」と記してあります。
花色はそれらしき色ですが、赤い縁取りは?です。
置き場所の関係かもしれません。
紫外線の弱い冬季、しっかり日に当ててみましょう。

     【不明種】
不明種

 
知り合いの趣味家さんにいただきました。
よって品種名は定かではありません。
一頭の大きさ8mm、株はしっかり丈夫に育っています。
花芽を見てから1ヵ月近く、やっと開き始めました。

     【花を拡大】
花を拡大

花の径、1cmありません。
よく見ると、花粉が飛び散っているのが分かります。
回りに、数鉢開花株があるの受粉している可能性がありますが、交配したものではないので、どうしたものでしょうか。
多分、廃棄してしまうのでは。。。
コメント
マルギナツムの赤線は個体差がありますよ。もちろん環境にもよりますが。
下の写真の不明種は、コノフィツム・ヒアンス(C. hians)だと思われます。ビロード状の肌が特徴です。それはともかく、沢山咲いてますね~!
conocono | 2007.01.08 22:29 | 編集
名前が分からない時、いつも助けていただいてます、ありがとうございます。
あと、数鉢ありますがみな同じに見えて、こんな時、ルーペが役立ついのでしょうか。

ヒアンスの方ですが、花芽を発見したのは昨年の12月初めでした。
一ヶ月以上、やっと開花です。
温度があればもっと早いのでしょうが、加温設備の無い我が家では自然まかせです。

荒れた天気はいかがでしたか。
こちらは、さほど酷いものではありませんでした。
それでも、足元塞いだり、ガラスケースのガラスを入れたりで慌てました。
まっちゃん | 2007.01.08 23:46 | 編集
6~7日は強風が吹き荒れましたが、幸い北風でしたので南向きのベランダには特に被害はありませんでした。ただ、家が揺れるほどで結構怖かったです。

不明種の鑑定は非常に難しくて、園芸品種レベルになると、唯一無二の特徴のあるものでない限り不可能です。タビ型の園芸品種は札落ちしたら諦めるより他ありませんね。図鑑との絵合わせで名札を付けちゃう人がいますが、これは勘弁して欲しいものです。ルーペを使って微細な特徴を比較したり、極端に言えば遺伝子鑑定をすれば同一性を判別出来ると思いますが、残念なことに基本的なデータが無いので、現時点では困難でしょうね。名前の問題はいつも悩ましい・・・。
conocono | 2007.01.09 12:51 | 編集
アドバイス、ありがとうございます。
一般的な多肉で言う「朧月」と「高咲レンゲ」でしょうか。
「七福神」や「カネイ」などをフリマに持ち込むと、大抵の人が「家にいっぱいある」必ず言われます。
最近は、違いが分かるように両方見せるようにしています。
コノの場合、違う意味で難しいです。
フリマにも持ってはいくのですが、「難しい」と言う先入観があるようです。
それでも懲りずに、持って行きます。(笑)
ラベルもきちんと外れないよう、ネコの被害にあわないよう、気をつけるだけですね。
まっちゃん | 2007.01.10 00:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top