オリーブ玉

2013.01.11 (Fri)
 リトープス

オリーブ玉



オリーブ玉

かなり時間が過ぎてお行儀悪くなってきました。

適期に挿し木更新するのが良いかもしれない。

なぜなら、、、



オリーブ玉



オリーブ玉

火傷かはたまた昆虫のいたずらか。

秋の入り口、コオロギなどが涼しげに鳴いているけどその実態は・・・・・


新球体が傷んでないことを願って、春を待つことにしよう。

けど、、かなり、、めげてます。


コメント
こんにちは。
朝投稿したつもりでしたが、どこかへ飛んでったみたいです^^;

多肉の名前は「日蓮の杯」にしても「小人の祭り」にしても
其々にふさわしい名前が付けてあるものですね~

私が画像掲示板に書き込んだメセンと言ったものは
このリトープスの仲間の事でした^^ゞ
像の足の裏のような特徴のある形ですよね
真ん中からパックリ割れて新しい芽が出てきたときには驚きました
要するに脱皮しながら大きくなっていくんですよね

私がまっちゃんの多肉の画像で印象に残っているのが
「ベベスケンス」です
小さい葉にびっしりと産毛がついて赤く紅葉している様はとても素敵でした
葉が落ちて子供が出来たら欲しいです^^;

頂いた物、気を付けて育てているつもりですが まっちゃんのように
上手に綺麗に育てる事が出来ません
霜焼けのようになったもの、意外と丈夫なもの、同じ環境なのに間延びしてるもの
沢山の授業料を払わないと習得できないのでしょうね・・・
殖やすのはやめようと思うのですが、きれいな画像を見ると
ムクムクと好奇心が湧いてきます^^;

綺麗な画像を見ているだけでも心が和みます
これからも沢山の画像見せて下さいね^^
紅子 | 2013.01.12 16:25 | 編集
 こんな時間に、おはようございます。(笑
昨日はちょっと風邪気味で早めに休みました。

 多肉の名前、個々に相応しくついてますが、時に相応しすぎて元の名前を無視したものもあります。
そして、それが流通することさえもありますしね。
多肉ブームで「名前で売れる」らしいのですが、これはいけません。

リトープス・コノフィツム、これには授業料かなり払ってます。
最近こそ融かすことも無くなりましたが、突然ぶよぶよになって融かした個体はどれほどか…(笑
暖かくなる頃、余剰苗を少し送りますね。
これで再チャレンジしてください。コツさえつかめば、、なんちゃーないですから。

「ブべスケンス」、この子が瀕死の重体、葉挿しからやり直しています。
今しばらくお待ちを。

>ムクムクと好奇心が湧いてきます^^;

これが1番です。(爆
まっちゃん | 2013.01.13 03:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top