銀杏木

2014.07.22 (Tue)

 ポーツラカリア属

     【銀杏木】
銀杏木



銀杏木

 見ての通り「放置組」の1種、いつのころから居るのかも記憶にない。

そんな子たちが最近気になるのです。

棚の奥を見たり、とんでもないところにいたりする子。

「銀杏木は盆栽風に仕立てると良い」、そんなことをむか~し聞いたような…


梅雨明けして一気にガンガン照り、思わず遮光ネットを張りました。

遮光ネット

まずはハウスの屋根だけ、残りは適当に日陰ができるのであまり気にしていません。


 追記

スベリヒユ科の中に、アナカンプセロスと同じ扱いができる属・ポーツラカリアがあります。

「南アフリカ原産、1種、2変種の小さな属でベンケイソウ科のクラッスラとよく似ている。

枝を切り詰めると盆栽風。種類は『銀杏木とその変種・雅楽の舞』がある」

古い図鑑にこう掲載されています。


この「銀杏木」を紹介するまで「何属?」、「何科?」と、今まで考えもしませんでした。

やはり、いつまで経っても「初心者」なのであります。


コメント
こんばんは~

今日で関東は梅雨明け宣言が出ました
時々お日様が照りつけていましたが、部屋の中は
涼しく感じました
夕方外に出てみると 蒸し暑くてやはり夏ですね~

写真を見ると金のなる木かな・・・と思いました
これもアナカンプロセス属ですか・・・
葉の形が全く違いますね~

私だとベンケイソウ科と勘違いしそうです^^;
紅子 | 2014.07.22 19:49 | 編集
 こんばんは。
梅雨明けしていきなりの「ガンガン照り!」。これから先の長い夏が始まりました。

 「銀杏木」、詳しく調べてみました。(汗;

ポーツラカリア属、そう言えば昔、「ポーチェリカ」と聞いたことを思い出してます。葉の艶?などからでしょうか。

しかし、未だ花は見たことありません。花が咲くと少しは分かるのですが…

切戻したところから枝を出しますし、もう1ポット探したので「盆栽風」に挑戦してみます。

このように「古いもの」がまだ隠れているような…、先だってのガステリア・臥牛みたいに。(笑
まっちゃん | 2014.07.22 23:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top