ギビフローラ

2014.12.18 (Thu)

 以前、「兎系」のお肉はまだあったような記憶があります。

「姫」と着く子も見たことあるのにどこへ行ったのか、「今は居ない~♪」。

 なので、本日からは「エケベリア系」を紹介します。


 エケベリア属

     【ギビフローラ】
ギビフローラ


ギビフローラ


ギビフローラ

ラベルには「ギブフローラ」と書かれている子、最初は1本の株でしたが、年数が経つうち枝分かれして

こんな姿に。


 そして、ラベルには「キブフローラ」と書かれている子。

ギビフローラ



ギビフローラ



ギビフローラ

今年5月、名前の似た子と題して書いたときは違った姿をしています。

夏・冬、それぞれの顔があるのでしょうか、今まで、気にもしなかったことです。


 この2種に関して詳しく調べました。

手持ちの図鑑にも「gibbiflora」と記されているものの、名前は「紫雲の舞・カルンクラタテキラナ」、3種が。

(今の所、姿を見ての同定はできないです。??マークがありすぎ!)

もっと熱心に探せば良かったのに、ラベルの名前を探すから見つけることができなかった!

和名とカタカナ名、今回かなりの数を記録しました。

「え~~??」な子、「ありり!」な子、それに加え「別名」なるものがあります。

古い図鑑にそれは無い、あってもきちんと記されている、そんな気が…

物事進化するのは良いけど、それについて行けなくなったとき・・・・・


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top