続・セダム系

2015.08.08 (Sat)

 セダム属 

     【薄化粧】
薄化粧

冬の間赤く色づいていた葉も夏色に変わってきました。

挿し木更新しないままの株、葉柄は15㎝ほどに伸びています。



薄化粧

こちらは挿し木更新した株、10本ほど植え込みました。(上は6本)

ポイントに下へ垂れる「京童子」を2本。ちょっと伸び過ぎたかな?



     【オオベンケイソウ】
オオベンケイソウ



オオベンケイソウ

関東から「塊根」を送っていただいたのは10年前、5年過ぎたころから「株分けを」と

思いながらもそのまま。

来年こそ、せめて植え替えてあげよう。



     【春 萌】
    (しゅんぽう)
春萌



春萌

 私の好きな「セダムの1種」、冬の紅葉が何とも言えない魅力なんです。

「赤」ではなく、黄色味を帯びて葉先はちょっと赤、撮っているはずなのになー。


 夏の多肉の水やり、私の場合「顔を見ながら」施すことにしています。

厚場、薄葉、それに地域性もあるし「日本全国みな同じ」とはいかない気がします。

もう一つ大事なのが風、これも私の場合ですが、戸外組は東西南北風が回るので良い

けど、問題はハウス。

四方の窓はすべて開け午前中は気温もそこそこ、午後からの気温は遮光ネットで

しのぐのですが今のところネットを張ってません。

今日は「足も自由」になるので午後から張ります。

ハウスの屋根、ネットとの間が30㎝開くようになっています。

どこかの温室で見かけたのを参考にしました。

加えて熱い空気を撹拌するため扇風機を1日5時間程度回すことに。

これで上からの温度が少しは緩和されてるはず、なんですがどうなんでしょうね。


コメント
こんにちは。

こちらの今日、昨日までよりちょっと気温が低いです。

足が完治した様で良かったですね。
当分の間、いたわりながらかな?と思います。

ハウスやいろんな処に数限り無く育成してると、長期出張もままならずですね。
ななごう | 2015.08.08 13:58 | 編集
こんにちは。
言いたく無いけど、暑いです!
昨日はお施餓鬼でお寺さんに行く予定でしたが、お客さんがみえて
遅くまで居られたのでお寺さんにはいけず、今日病院の帰りに行ってきました。
健康診断の検査結果を聞きにでした
2人とも全て標準で異常なしでした(^^)v

我が家の薄化粧は植え替えてあげないと根詰まり状態です(^^;)
春萌は(しゅんぽう)と読むのですね
はるもえだとばかり思っていました

オオベンケイソウは綺麗に育っていますね
我が家は少し葉焼けなのか、カイガラムシなのか
葉が少し汚いです

日除け、遮光ネットなど気を使う季節ですよね
今はただ、パイプの上に簡易で乗せてるだけですので
夕方少し涼しくなってからきちんとやるつもりです。

デスメチアナが 何だか蒸れた感じになっています
水やりしていなかったので、そのせいでしょうか?
水のやりすぎは考えられません
それとも強い日差しをよけて 二段目の棚に置いていたのが
いけなかったのでしょうか?
まだまだ、勉強をしないといけない事が沢山あります

まっちゃんも、足が軽くなって余り動き過ぎないで下さいね(^_^)ノ
紅子 | 2015.08.08 16:37 | 編集
 ななごうさん、こんばんは。
今日も暑い1日でした。
出かけるのがだんだん億劫になってます。

 足、完治まではいきませんでした。
後ろ側半分、切ったギブスを当てています。
念のため、だそうです。

 多肉鉢は数ありますが、水遣りが草花ほどではないから楽ですよ。
まっちゃん | 2015.08.08 23:39 | 編集
 紅子さん、私も言いたくないけど言いますね。
熱いです。(笑

 我が家の施餓鬼は16日、昔のように人が集まりません。
子、孫の時代になるとこんなものでしょうかね。

健康診断、無事通過れ良かった。

 薄化粧、伸び過ぎるので毎年挿し木更新しています。
根元はそのまま、運良けりゃ―脇芽が出てきますからね。
オオベンケイソウはこぼれ種が発芽して、あちこちの鉢に鎮座してますよ。
困ったものです。

 夏の水やり、上にも書きましたが葉に厚みがあれば少々耐えてくれますが、薄葉の場合はそうもいかないでしょう。
今夜はシリンジしました。
鉢中カラカラ、空気カラカラ、せめて葉から水分を取り入れないと枯れてしまいそうです。
 デスメチア、明日確認してみます。

 足、半分軽くなりましたが歩くにはまだ不便、あと10日様子見です。
内緒の話、ギブス外し「歩いてみて」と言われた時、歩けませんでした。
ひざや足首に力が全然入らなくて、一瞬、「うっそー!」でしたよ。
まっちゃん | 2015.08.08 23:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top