違いが判るでしょうか。

2015.09.20 (Sun)

 カランコエ属

     【胡蝶の舞】
カンナ



カンナ

わが家との違いを確認するために、はるばる遠くからやってきました。



 で、我が家の「胡蝶の舞」は、、

我が家



我が家

群生株を作るため10本程度挿し木、かなり茂ってきました。

花が咲いたら賑やかでしょうね、楽しみ~

 これで分かるのは「葉の艶と切れ込み方」、雰囲気も微妙に違う、これは個体差

でしょうか。

花が咲けば判る?



     【K. rotundifolia variegata 】
K. rotundifolia 



K. rotundifolia 

どちらもガッチリしてきたので挿し木が出来そう。

先月までの茎は「フニャフニャ感」があり、挿し木なんてとんでもないッ!、と言った

感じでした。

これでかなりの挿し穂ができそうですね。(とらぬ狸、になるかも)


昨日の下書きを今頃アップ、文章がスラスラ浮かばない、脳の退化」が進行中?


コメント
まっちゃん今晩は、

ちょっと御無沙汰です。
最近は仕事も大変ですが、11月に遠征するのでかなり忙しいです。

胡蝶の舞K.laxifloraは、成長した葉の葉脚(葉底:葉柄に葉が繋がる部分)が
クローンコエやシコロベンケイのように反りかえります。ニカエのような楯状葉
とまではいきませんが、変種のsubpeltataではその名の通り半楯状葉になります。
こうなるとフェッシェンコイ(胡蝶の舞錦の斑なしのもの:原種というか)や不明
種との区別が確実につきます。
よく日に当てて育てれば、10月中には違いが分かるようになってくると思います。
channa | 2015.09.21 22:27 | 編集
 channaさん、こんにちは。
半年近く先か―、と思っていたのにいよいよですね。
足の怪我をされた方の回復は心配なし?、お若いから完治も早そうで、その点私は、チンタラチンタラとリハビリ中です。(笑

 胡蝶の舞系、悩みます。
葉脚が反り返る、この写真では判りにくいですね。
次回は気をつけて撮ってみます。

 多肉の紅葉もチラホラと色づき始めました。
今、両種を日向に移動したのであと1ヵ月、お待ちくださいませー。

 
まっちゃん | 2015.09.22 16:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top