わが家の兎たち

2016.11.28 (Mon)

 昨年まで兎はいろいろ居たのですが、1月の想定外大寒波でかなり消えちゃいました。

残った子だけでも元気にしたくて防寒対策をしたのが、昨日のように思い出されます。

季節は変わり「寒い冬」がやってきました。

今季、「のど元過ぎれば」ではなく、「侮るなかれ」と、早々準備だけは万全。

ハウスなどを確認すると小さい苗が生き残っていたようで元気にしています。


 カランコエ属

     【星兎耳】
星兎耳



星兎耳

 この子はお持ち帰りしたまま植え替えもせず、棚の奥に鎮座してました。

よって、いつごろ我が家へ来たのか??、その割に状態は



     【月兎耳】
月兎耳

折れた枝を更新したもの、その時は群生株と同じ姿をしてたのに。

時間が経つとやはり茎立ちしてきますね。



月兎耳

1?年過ぎた月兎耳、こちらが良い証拠。

鉢数を減らすため、再度の仕立て直しをしてみようかなー。



     【黒兎耳】
黒兎耳

これは「私のミス?」、どう見ても名前が違う。


兎

そしてこちら、おそらくもげた葉を空いた鉢に置いていたのか立派な株になりそうな子。

本来の姿には程遠いけどちょっと大型兎のように見えますよね?

しばらくの間「要チェック!」です。



     【黒 兎】
黒兎



黒兎

この「黒兎」、いただきものなんですが、その時から「名前がおかしいよね」と、

2人だけの会話。

業者の「ラベル差し違い」だろうと考えますが、未だに詳細は…


 わが家の兎、残りは「続編」へ。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top