多肉紅葉の始まり~♪

2009.09.12 (Sat)
 セダム属

       【オーロラ】
オーロラ    オーロラ

オーロラ

オーロラと虹の玉を挿し木してから2年近く、今年の4月にはこんな色をしていました。

考えてみると、緑の期間が少しだけ、ってことなんですね。

暴れた姿に育てるためそのままにしてきたのですが、気根が出始めました。

鉢増しにしてそのまま、か、再度挿し木、か、ちょっと考えどころ。


コメント
お久しぶりでございます。5月頃に帝玉についてお尋ねしたものです。うちの唐印も2週間ほど前に外に出してから紅葉し始めました。家の中ではだめなんですね。

また帝玉のことで教えていただければと思います。なんとか夏を越しましたが、色が以前のような濃い緑ではなく、薄茶がかっています。これから水遣りを増やしたほうがいいでしょうか。それ以外にも何かしたほうがいいでしょうか。

それと夏しばらく留守にしていたら、白牡丹が溶けてなくなってました(^^;
Bon | 2009.09.17 13:35 | 編集
 おはようございます。

お久ぶりですね。

 多肉の置き場所、基本的に午前中だけでも陽が射すところ、これだと差し障りも無く1番良いところですね。
室内ではすぐ徒長し始め、本来の姿を無くしてしまいますので、気をつけてくださいませ。
(あまり、偉そうなことはいえない私でもあります。笑)

帝玉ですが、「我が家の今!」として、画像を撮ってみますので、少しお待ちください。
これから成長時期に入り、脱皮をする株が出てきます。

白ボタン、融けちゃいましたか。
あれは結構強いものなんですが、雨に打たれすぎ?でしょうか。
我が家は「締まり過ぎ!」な株になっていますよ。(爆
まっちゃん | 2009.09.18 08:10 | 編集
お返事をありがとうございます。帝玉は脱皮するんですか?今の株は色は冴えませんが、しっかりと固く、根元のほうを見たら少し膨らんでいます。そこだけ色もきれいで、もしかして子株?と思ったんですが、子株はできないわけですか?

白牡丹は、ブラインドを閉めたままの出窓に置いといたので、雨どころかまったく水なしでした。葉の水分を使い果たして溶けたのかなぁ。。。

それと今日、多肉植物とサボテンの肥料という粒状肥料を買ってきたんですが、肥料は必要ですか。
Bon | 2009.09.18 13:33 | 編集
 こんばんはー。

まずは帝玉、脱皮する、と言っても「リトープスやコノフィツム」のように分頭はしません。
1個、は1個。
これからの時期、頭が割れて子が出てきます。
その子が1人前になるのは来春、同時に花芽が見えてくるはず。
子の顔が見え始めたら潅水を控えめに。
(親の水分を奪いながら成長します)
このとき水を与えすぎると、親も子も成長する二重脱皮になるので気をつけること。

次・白牡丹、出窓で風の無いところ、これは多分「蒸れた」のかもしれません。
植物はなんでもそうですが、日照以上に風は外して考えられないです。
必ず「通風を良くする」こと。
そうすれば、我が家のように「締まり過ぎ」の株が出来上がり!(笑

次・多肉の肥料
私個人としては、肥料控えめに育てています。
大きく育てたい時は、肥料と水分を与えれば、どんどん大きくなります。
個人的に「大きく育てたい!」ですか?
肥料を施す時も、鉢に沿って置いてくださいね。
決して、根元の近くでは「肥料焼け」を起こしますので×。(こう考えるのがベスト)

以上、ご質問の答として、お分かりいただけましたでしょうか。v-218
まっちゃん | 2009.09.18 21:57 | 編集
丁寧な説明をありがとうございます。帝玉はこれから楽しみに育ててみます。留守中、風通しが大事といわれた帝玉だけは家の外の軒下に出しておいたんです。白牡丹(今年2月に買ったばかり)は、他の多肉やサボテンと一緒に出窓に置いておきました。他の多肉は弱ってはいましたが一応生き延びていたのに、白牡丹だけは溶けてしまってました(--)

10月になると、地元の多肉の会の展示即売があると思うので、そのときまた買います。あの黄色に縁どられたピンクのすずらんのような花がとてもきれいで是非またほしいので。
Bon | 2009.09.19 18:47 | 編集
 今回の教訓を忘れずに 「通風第一」 ですよ。
多肉の場合、葉の間に入った水分で蒸れることもあります。
そんなときには、勢い良く、「ふーふー」 とほっぺの圧力で吹き飛ばしてくださいませ。(笑

展示即売会は、お安くいろいろな品種が手に入るのでお勧めですね。

近ければ、白牡丹等はお分けすることもできるのに、、ね!
まっちゃん | 2009.09.19 21:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top