スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏への準備

2017.05.21 (Sun)

 毎日暑い日が続くようになりました。

けど、まだ5月、遮光ネットを張ろうにもまだ早すぎるでしょうかねー。

しかし、薄い葉は葉焼けをするようで怖いです。


     【ベルゲランタス・照波錦】
照波錦



照波錦

昨年はあまり「錦」を感じなかったのに、今年はすべての株に「斑」が見える。

二回り大きな鉢に植え替え、それも1株づつ、てんこ盛りになったらかなり「うひひ

ひ!」な気分。

「斑」が消えないように適度な日照と栄養を。



     【セダム・ドラゴンズブラッド】
ドラゴンズブラッド



ドラゴンズブラッド

夏の暑さに弱いセダム・ドラゴン、葉色を維持するためには日当たりが良好なのだが、

葉焼け・蒸れなど気をつけたいこともあるしで痛し痒し。

葉色は冬に期待するとして、株のダメージだけは気をつけたい。



   【カランコエ・キューエンシス】
キューエンシス

 伸びた茎をカット、挿し木して様子を見てたらまた伸びて、下葉が枯れてポロポロ

落下。

「もういいや!」とそのままにしてたら、葉のつけ根から新しい葉が。

また して挿し木をすることに決めました。

葉の出方が「対生」なので2本の茎が伸びてくるかも。

全体の姿がちょっと変わるはず、これで成功したら残りの株も・・・


* 明日は「九サボ5月例会」、わが家からは国道を走って2時間少し、車の運転は嫌い

じゃー無いのでそうは感じなかったのに、いつまで例会参加ができるのか、考えることも

あります。

最近、「高齢者の事故」が増えてますもんね。(って、私も高齢者??


今日もちょっと肉労を、、

2017.05.14 (Sun)

 お天気いいので早めの時間に肉労を、これを済ませて野草散策をするためです。

花は待ってくれないから…


     【セダム・薄化粧 挿し木】
薄化粧

こちらは単独で挿し込んだ鉢



薄化粧他

こちらは「乙女心」と同居、余り物で植え込んだ、ってわけです。

ポット植えの小さな株もありますが捨てることができず順番待ち、用土を作ったら…



     【デロスペルマ・沙座蘭】
        D.suther.landii
サザラン

2年振りです、花が咲いたのは。(2年前の花

今よりちょっと元気が良さそう。

放置組に等しいから拗ねているのかもしれません。

植え替えるときに「鉢一杯に蔓延ったら」、な~んて考えたんですけどねー。

少し手入れをすれば、望みがかなうかも。



     【オロスタキス・子持ちレンゲ】
          O.boehmeri
子持ちレンゲ



子持ちレンゲ

子持ちレンゲもこの大きさまでは可愛い、この鉢に植えてからずいぶん経っているのです

が、そろそろ植え替えてやらないと消えてしまいそう。

〇鉢にこんもりか、縦鉢にあふれさせるか、面白さが出ると良いなー。



     【グラプトベリア・白牡丹】
白牡丹

 昔、「エケベリア属」としてやってきた子、花を見ながらず~~っと「違うよなー!」

と感じていたんです。

いつの頃からか、属が増えたり科が変更したり、植物の世界もてんやわんやです。



今日の肉労は、、

2017.05.13 (Sat)

 今日は母のデイサービスの日、体の疲れが取れないので少々休養を。

 午後からは肉労励みました。

と言っても、植え替えたポットなどを洗ったり、長い間そのままにしてた挿し穂(カット

苗)を植え込んだり。

私なりに頑張りましたです。


     【セデベリア・ローリー 】
        韓国名・ヌダ
セデベリア・ローリー



セデベリア・ローリー



セデベリア・ローリー

びっしりついた葉の間、節間がありません。

更新するときどこを切ればいいのやら、未だに迷ってそのまま。

わが家に来たのは今年の1月、結構成長はしているようです。

葉挿しもできそうなので怖がらずに して、保険株を作らなくては。



     【セダム・ウインクレリー】
ウインクレリー



ウインクレリー



ウインクレリー

お気に入りのセダムちゃん、しかし、葉全体に粘り気があり小さな埃が無数に付く。

これさえ無ければ他に言うことの無い良い子なんですがねー。


今が旬?・多肉花

2017.05.12 (Fri)

     【アエオニウム・サウンデルシー】
サウンデルシー



サウンデルシー



サウンデルシー

アエオにこれだけの花が咲くと弱ってしまいそう、とりあえず「撮った」ので

咲かせ続けると株が弱るし枯れてしまうかも。



     【ユーフォルビア・紅キリン ♂】
紅キリン



紅キリン



紅キリン

先日教えていただいたものとは別株ですが、この子も「♂株」のようですね。

残りの中に「♀株」があれば良いけど…


今が旬・多肉花 小さいな子

2017.05.10 (Wed)

 ここ数日、植え替えや挿し木など肉労が続いています。

が、お天気悪くカメラは「防湿庫の中」、今日も が降ったり止んだり、午後から止ん

だので「それー!」とばかりにカメラの出番。

ハウスの中から撮り始めです。


     【クラッスラ・クラバータ】
クラバータ



クラバータ

花柄が伸びていたのは気がついていたのですが、まさに開こうとしているとは…

やっぱりちっこいですね。

ガクの淵についてるヒゲ、行儀よく並んでいます。

開花のチャンスを狙いたいけど、気がついたら「萎んでた!」ってことになったり…



     【セダム・ロッティー】
セダム・ロッティー



セダム・ロッティー

この鉢に植え込んで何年過ぎたでしょうか。

根を解し、鉢増ししたら少しは余裕が出てきて多少の成長が見れるかも。

暴れた姿もいいのでこのまま植え替えてみます。



     【エケベリア・銀武源】
エケベリア・銀武源



エケベリア・銀武源

銀武源とファンクィーン、良く似ているけど関係あるのでしょうかねー。

どちらにも花が咲けばハッキリするんでしょうが、生憎ファンクィーンが小さすぎて花芽

が見えない。

気長に待つこととします。


今日の肉労は、、

2017.05.07 (Sun)

 カランコエ・アルタナンスの花が開きました。

細い花弁が十文字に開いています。


     【カランコエ・アルタナンス】
アルタナンス



アルタナンス

7個の蕾が開いたので「切り花」として一輪挿しで楽しんでます。

地味色でしょ?、自家受粉するのか何もしないのに「埃のような種」が出来ています。

今回は花びらを解体して交配、熟すとどうなるのか、楽しみです。



     【チャボツメレンゲ】
チャボツメレンゲ

小さい芽は子株?、それとも花芽でしょうか。

「自家受粉で種子が出来る」と教えていただきましたから「花芽」でしょうね。

ちょっと楽しみ、むふふふ!、になりそう。



     【グラプトペタルム・カネイ】
カネイ



カネイ

この手はラベルを無くすと「不明種」になりかねません。

「淡雪」も同じように白っぽいし、「同じもの」との情報もあるし、とりあえずラベルは

きちんとつけています。



     【カネイ・花】
カネイ・花



カネイ

花が咲けば違いが判るんですけどね。



     【グラプトセダム・ゴーステイー】
       xGraptosedum ‘Ghosty’
ゴースティ―



ゴースティ―

葉色が何とも言えない魅力を醸し出しています。

水色に葉縁のピンク、しかし、置き場所によっては何でもない色に変わるんですけど…


セデベリア2種と、

2017.05.05 (Fri)

 セデベリア属

     【イエローハンバート】
イエローハンバート



イエローハンバート



イエローハンバート

何が「イエロー」なのか今のところ不明。

紅葉すると「黄色っぽく」とかあり?、置き場所も考えてみたい。



     【ブルージャイアント】
ブルージャイアント



ブルージャイアント



ブルージャイアント

ちょっと分厚い葉、色的にはブルーと言えなくもないけど、ま、こんなもんかな?



     【クラッスラ・高千穂】
高千穂



高千穂

傷んだ株をちょうど1ヵ月前に挿し木更新、見違えるほどに育ってくれました。

花を咲かせると調子を崩すので、そうなら無いよう気をつけることにします。


今日も、、今が旬・多肉花

2017.04.30 (Sun)

多肉にとって、今が1番過ごしやすい季節?、元気が手に取るようにわかるし、こちらも

嬉しい。

     【シノクラッスラ・ジンガールブラ】
シノクラッスラ・ジンガールブラ



シノクラッスラ・ジンガールブラ



シノクラッスラ・ジンガールブラ

赤く染まっていた葉も「夏色」に変わってきました。

それでも葉縁のギザギザ模様は変わらず。

夏の気候に気をつけながら、秋を迎えたい。



     【ルスキア・ミスズ】
ルスキア・ミスズ

鉢増しした方がボリューム出そう、モリモリ感を楽しみたいですね。



     【トリコディアデマ・紫晃星】
紫晃星

小さい株に花が咲いたのですが、大きい方には、、、蕾さえ見えません。

株の割に器が小さいから?、根の張り方がわるいのだろうか。

確認してみることにしよう。



     【グラプトベリア・初 恋?】
初恋?



グラプトベリア・初恋?

おそらくラベルの挿し違い、そう思われます。

姿形が全然違う、花色もそうです。

昨年後半から「いろいろな姿の初恋」が出てきました。

なんでだろう。


今が旬・多肉花

2017.04.29 (Sat)

 ハウスの中を見渡すと、小さなものからちょっと大きめまでいろいろ。

     【パキベリア・クレア】
パキベリア・クレア



パキベリア・クレア

お持ち帰りの時、株全体が「ベター」と広がっていました。

雰囲気全然違う!

これが「本来の姿」でしょう、きっと。



     【セダム・スノージェイド】
セダム・スノージェイド

お気に入りのセダム、樹氷に似ているので小さな苗の時間違うことがまま有ります。



     【エケベリア・ローラ】
エケベリア・ローラ



エケベリア・ローラ

ローラの開花は久しぶり、エケ独特のおちょぼ口。

交配するときどうやってるんでしょうね。

花びらカット?



     【コチレドン・白 眉】
白眉



白眉

大型のコチ、よって花も大きい、葉は真っ白にお化粧してるから植え替え時は大変。

少しでも触ろうものなら指の跡がくっきり。

秋には植え替え予定。


今が旬・多肉花

2017.04.24 (Mon)

 我が家の多肉たちにも「花の季節」がやってきた!

小さめからちょっと大きめまで、色もいろいろなので楽しめます。


     【カランコエ・アルタナンス】
アルタナンス

"花"とは言い難いまだ蕾ですが、カランコエにしては面白い形をしているんです。

開花したなら再度紹介しますね。


     【クラッスラ・ムルチカバ】
ムルチカバ

気温が上がってきたので「夏色」に変わってきました。

「カランコエ」と表示されるところもありますが、花を見たら・・・



ムルチカバ



ムルチカバ

「クラッスラ」ですよね。

花が終わるころ、茎元にムカゴ(子株)が現れてきます。

この「子株」が自然落下して根を出すと「1株」となって育つのです。

なので、知らない間にあちらこちらで繁殖を。

でも、「冬色」は赤く染まってとても(?)綺麗です。



     【クラッスラ・トランスバール】
  Crassula.sp Transvaal Drakensburg
トランスバール



トランスバール



トランスバール

とても小さな花です、5㎜ありません。シャッターを押すたび「ふぅー!」と深呼吸。

ラベルに書いてある学名は何と読むんでしょうね。

トランスバール ドラケンスバーグ?


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。