FC2ブログ

アエオ・黒法師系いろいろ

2015.04.26 (Sun)

 アエオニウム属

     【カシミアバイオレット】
カシミアバイオレット   カシミアバイオレット



  その②
カシミアバイオレット   カシミアバイオレット

 なぜか「カシミアバイオレット」が3鉢も鎮座しています。

挿し木で増やしたのかもしれませんが、それにしては小さすぎ?



     【黒法師】
黒法師   黒法師



  その②
黒法師

お気に入りの2鉢、上はともかく下の株はちょっと貧弱。

やはり、用土の配合を考えた方が良いのかも、あまりにも「水はけ良すぎ」。



     【カナリエンセ】
カナリエンセ   カナリエンセ

 別種なのか「カナリエンシス」と言うアエオがあります。

名前の間違い、と思い調べてみましたが、画像で見る限り別種(に見える)。

この株に関して言えば、葉のネバネバ感、小さな埃が付いたら取れない。

特に「黒い埃」は始末が悪くて困ったものです。

育てる気持ちも薄れているのですが、縁あって我が家に来たので「とりあえず」育てる

ことに…、そして、きちんと目配りも。


姫明鏡

2015.01.17 (Sat)

 アエオニューム属

     【姫明鏡】
姫明鏡



姫明鏡

 棚の上に置いていたものが気がついたら地面に・・・・・

そこで、すぐ植え替えれば良いものをそのまま、かなりの時間が過ぎてしまいました。

季節は変わり初秋、やっとその気になって拾い集めたのはいいけど、こんなに縮んでいました。

落ちない場所へ置いたので、これから成長始める、かも!



  その②
姫明鏡



姫明鏡

こちらは、誰が親か子かも分からないほど(見れば分かるか!)群生しちゃいました。

これをばらして更新しても同じことの繰り返し、なので、このまま鉢増しして「てんこ盛り」を目指そう。

我が家に来た頃、緑色の綺麗な姿 だったのに、なんでこんなに小っちゃくなるの??



アエオ系・2種

2014.12.12 (Fri)

 アエオニウム属

     【ムーンバースト】
ムーンバースト



ムーンバースト

 こちらは少し日陰気味の場所。

色はまあまあとして、姿はちょっとだらしない?



  その②
ムーンバースト

 こちらはハウスの日当たり良好の位置に鎮座、多少日焼け気味なのかギュッ!と締まった色黒。

 葉の中心に「黄筋」が入る交配種、日陰気味の方はきれいな色が出ています。

置き場所を再考した方が良さそう。


   【不明種】
不明種



不明種



不明種

季節によって葉色が変わるので同定できない困った子ちゃんです。

葉を拡大してみると、、

葉を拡大

葉縁には小さなヒゲ?、切れ込み?が見えます。

子苗のころ「エケベリア?」、と育てていたけどどうも変、大きくなってやっと「アエオだ!」とそこまで同定。

しかし、その先へ進めません。

交配種になると「似たもの」が数種、ま、そのうち「特徴」が出て来るでしょう。


 これでアエオニウムの紹介を一応終了。


セディフォリウムhyb

2014.12.11 (Thu)

 アエオニウム属

     【セディフォリウムhyb】
セディフォリウムhyb



セディフォリウムhyb



セディフォリウムhyb

「hyb」、ハイブリッド、つまり交配種と言うことは分かります。

今は緑色が色濃く出て来ましたが、夏の間は筋斑入りの茶系、「マダラ黒法師か小人の祭り」の血が組み込ま

れてる、とにらんでいます。

茶系でこげ茶の筋があるって、それしか考えられないです。

それはどうでもいいんです、私は。

今の所この大きさでてんこ盛り状態、この先、枝が出てもっとギュッとなてんこ盛りにしたい、欲張りですね。


 追記(12月12日)

「セディフォリウムhyb」について調べてみました。

ブロンズメダル」のサイト、これはちょっと??

グリーンティー」、これは「伊達法師」とも言われるようです。

3種の名前は一応知っていたのですが、繋がりがあるとはつゆ知らず。

作出者の方が名付け親なら「これ!」と言うものがあるはず。

販売者が売れるように別名をつける場合多々あり。(これが1番困ります)

どれを信じればいいのか不明なので「セディフォリウム」として育てることにしました。


 それにしても今回分かったこと、「個人販売者」の多いこと!

それだけ「ネット情報が豊富」と言うことでしょうね。


これも交配種?

2014.12.10 (Wed)

 アエオニウム属

     【キリアツム】
キリアツム



キリアツム



キリアツム



  その②
キリアツム



キリアツム



キリアツム

 「シリアツム」、ラベルにはこう書いてあります。

しかし、検索してもヒットしないので「アエオニウム」で検索。

すると、同じものらしき子が出てきて名前が違う。「キリアツム」と書いてあるではありませんか。

」の違い。

言い方を間違ったのか、聞き方を間違ったのかは知らないけど、良くある話です。

葉には赤の縁取り、これがポイントでしょうか。ハッキリくっきりですね。

それに葉縁には短いけどお髭があります。そして小型種?

これは育て方でそうなったのか…




アエオ系・その3

2014.12.07 (Sun)

 アエオニウム属

     【艶 姿】
艶姿



艶姿



艶姿

 夏の間信じられないような姿をしていた艶姿、、茎と同じ太さに巻いていた葉がここまで展開、もう少し大きく

なるはずです。

アエオの中で葉の大きさは1番かも。



     【小人の祭り】
小人の祭り



小人の祭り



小人の祭り

 小人の祭りも艶姿同様、夏の姿は可哀想なくらいしょぼい!

それが、9月の声をきくころになると、葉が膨らんできてプッチンプッチンになる、夏眠明けが即分かるのです。

これから6月の終わりごろまで元気な姿を見せてくれます。



アエオ系・その2

2014.12.06 (Sat)

 アエオニウム属

     【黒法師】
黒法師



黒法師



黒法師

 小さい1本の苗を連れ帰ったのは、まだ多肉を始めて間もないころ、17年前のころでしょうか。

その割には、本数は増えたけど成長は、何とも言えない姿です。

見てお分かりのように「葉が細い」、しかも、頂点がひねてる」。

しかし、 2014.04.23の姿は

2014.04,23黒法師

 素直な可愛い子だったのに、何でこうも変わるかな~?

日照は同じなので水不足?、根詰まり?、鉢を数年変えてないので根詰まりかも!

鉢増ししてみよう。


 古い図鑑を読んでみると、「栽培管理・初夏から晩秋は戸外の栽培。暑さ寒さを嫌う。夏場は雨のかからない

軒下へ置き過失にならないように注意する。冬場はフレームなどに取り込み夜間の室温が5度以下になるよう

なら、二重にしたビニール袋を被せて保温を保つ」、と書いてありますが、30年前の図鑑では参考になるかどう

か…

現在ではそのころに比べ温暖化が進み、かなり気温が高めですよね。


明日につづく…


アエオ系・その1

2014.12.05 (Fri)

 アエオニウム属

     【カシミアバイオレット いろいろ】
カシミアバイオレット



カシミアバイオレット



  その②
カシミアバイオレット・2



カシミアバイオレット・2



  その③
カシミアバイオレット・3



カシミアバイオレット・3



  その④
カシミアバイオレット・4



カシミアバイオレット・4

 ここ数年のうち、我が家に来た子はすべて「カシミアバイオレット」、「黒法師」なんてめったに見なくなった。

昔は「黒法師」だけだったのに、交配種もろもろがどれほど増えたのか、原種をこよなく愛する私は古~い人間

なのでしょうか!

参ったなー!


小人の祭り

2014.11.17 (Mon)

 アエオニウム属

     【小人の祭り】
小人の祭り



小人の祭り

 春から夏の間、ミイラのようになっていた葉がふっくらとしてきました。

涼しくなって起き出したのでしょう、これからもっと「ぷっくり」してきます。

同じアエオの仲間、黒法師・艶姿なども葉が広がって元気になってます。

植物は季節に敏感です。


アエオが起き出した!

2014.09.13 (Sat)
 
 アエオニウム属

     【小人の祭り】
小人の祭り



小人の祭り

先月までは「葉の一つ一つ」がギュッ、と縮こまっていたのに、涼しさを感じてかまん丸になってきました。


もう少し目覚めたら、


3月3日・小人の祭り

このように、

茎や株元が見えないくらい元気になります。


このほか、黒法師や艶姿など、休眠期と見違えるほどの姿に変身。

楽しみですっちゃ!


back-to-top